低脂質で低カロリーなアップルパイ

餃子の皮で作った低脂質なアップルパイ

餃子の皮が余ったんでアップルパイを作ってみました。
アップルパイと言えばバターたっぷりのパイが絶対必要なワケで。脂質制限中だとちょっとキビしいところ。
餃子の皮なら一袋で脂質1.7g!
餃子の皮のカロリーと脂質表示
ちなみにこちらはモランボンの25枚入りタイプ。1枚あたりは脂質0.07g、15Kcalとなりますわ♪

餃子の皮DEアップルパイの作り方

作り方っつっても、リンゴを煮て包んで焼くだけなんですが。
甘さもシナモンの量もお好みで。

入れ過ぎさえしなければ大失敗もございません〜。

リンゴを切って鍋に入れたところ
リンゴを1個、お好きなカタチに切って鍋で煮詰めていきます。
アタシはマクドナルドのアップルパイが好きなんで細かいサイの目に切ったけど、リンゴの食感を残したい方はいちょう切りでどうぞ。
ただ小さく切った方が包みやすいデス。
煮詰めたリンゴに砂糖とシナモンとはちみつを入れたところ
リンゴがしんなりして小さくなってきたら、
砂糖、はちみつ、シナモン、レモン汁をそれぞれ大さじ1入れて更に煮詰めていきます。
甘さは人それぞれ好みがあるし、リンゴの甘さによっても変わってくるんで。

まずは大さじ1からスタートして調整してくだされ。

はちみつがなかったら砂糖を倍量にしても良いし、メープルシロップ使っても良いし。
シナモンはお好みで無くても良いし、アタシに至ってはレモン汁はなかったんで入れてませんし。
要は好みの甘さになればそれでヨシ。
まぁ、シナモンもレモン汁も入ってた方が美味しいけどね(汗)
アップルパイの中身ができたところ
程よく煮詰まってトロ〜ンとしてきたら中身は完成。
餃子の皮にアップルフィリングを乗せたところ
餃子の皮に均等に乗せて。
アップルパイ1個につき餃子の皮2枚使っても良いし、餃子の皮1枚を二つ折りにして包んでも大丈夫。
要は餃子の皮に包めばOK
ウチは餃子の皮が15枚余ってたんで、2枚使って挟むタイプを7個と1枚で包むのを1個作りました。

これでリンゴ1個分ジャストでしたよー。

餃子の皮で作るアップルパイ
餃子の皮のフチに水を塗って閉じ、フォークをギュギュっと押し付けてしっかりくっつけて。
餃子の皮でアップルパイ 焼く前
2枚使うときは上部に切り込みを入れた方が見栄えが良いですわ。
→予めキッチンバサミや包丁で十字に切り込みを入れてからかぶせてネ。→先に言えよ
あとはオーブントースターで焼き目がつくまでこんがり焼けばOK
\出来上がり/
餃子の皮で作ったアップルパイ完成
バターたっぷりのパイの様なサクサク感とは違うけど、
パリパリ食感です。
溶かしバターを塗ってから焼くと少しリッチな風味がプラスされますわ。

アップルパイのカロリーと脂質




マミーズ・アン・スリールのアップルパイ。

個人的には「マミーズ・アン・スリール」のアップルパイも好きだし、マク◯ナルドのアップルパイも好きなんだけど、
マク◯ナルドのアップルパイは

1個211kcal
脂質10.7g

マミーズは調べても分からなかったけど、日本食品標準成分表には

アップルパイ100g当たり
304kcal
脂質18g

と書いてある→材料にも依りますがね。
そして餃子の皮で作るアップルパイのカロリーと脂質は
リンゴ:1個
砂糖:大さじ1
はちみつ:大さじ1
シナモン:大さじ1
餃子の皮:15枚
を合計すると〜
全部食べても479kcal/脂質1.55g
※皮2枚で挟んだタイプ
1個あたり:66kcal/脂質0.2g
グっと低カロリーで低脂質♪
脂質制限中のおやつにはもちろん
餃子の皮が余ったとき、
リンゴがボケちゃったとき、
カロリーが気になるときにもぜひ♪
[あわせてどうぞ]

低脂質なクレープレシピと具材たち。カロリーも控えめ仕様。

脂質制限でも食べれるホットケーキ:卵なしと卵ありのレシピを食べ比べ

老舗の銘菓にハマる:栗きんとんの食べ比べ&湯もちと船橋屋のくず餅