ブルーノで作った鮭のちゃんちゃん焼き

昨日の晩ごはんでこんにちは!
夏生まれで冬より断然夏派のアタシもさすがに今年の暑さには辟易してたんだけど。
なんだかここ数日
少し涼しくなった様な?
また残暑がぶり返すなんて予報もありますが、確実に感じる秋の気配!
スーパーに秋鮭がいっぱい並んでたよー♪
鮭は種類によって脂質が全然違うもんで。脂質制限中の身にはウレシイの。
例えば100g中の脂質で比べると

紅鮭は4.5g
秋鮭は4.1g
銀鮭は12.8g!
サーモントラウト(海面養殖ニジマス)は14.7g!
(カロリーSlismを参照)

ホットプレートで鮭のちゃんちゃん焼き




ということで。
昨日は鮭のちゃんちゃん焼き。
ホットプレート(ウチはBRUNO)で作れば、副菜を何品も作らなくていいし→テーブルの上も賑やかに見えて色々ごまかせる賢いヤツ。
材料切るだけで作れるし。
鮭のちゃんちゃん焼きを作っているところ
野菜もたんまり摂れますし。
キャベツ

玉ねぎ
にんじん
小松菜
ピーマン
長ネギ
最後にもやしをドッサリON!

あっ、しめじ入れるの忘れてたわ。

あっ、鮭は一番下です。

作り方は(要るかな?)
まずホットプレートにバターを入れて鮭を焼いて、香ばしい焼き目が付いたらひっくり返し、野菜たちをどっさり乗せて調味料をまわしかけてフタ!
それだけ!
フタガ閉まらなくても気にしない。
放っておけば野菜がしんなり小さくなってそのうちピッタリ締まりますわ。
蒸しあがった野菜
調味料のレシピはクックパッドを参考に。
[2人前]

味噌:大さじ2
料理酒:大さじ2
醤油:大さじ1
みりん:大さじ1
砂糖:大さじ1/2

鮭を焼く時のバターはお好きな量で。

ウチは脂質制限中なので3gに抑えました。→十分旨い。

鮭のちゃんちゃん焼き 完成
野菜に火が通ったら混ぜながら炒めて、鮭もザックリほぐして野菜と仲良くして頂いて。
鮭のちゃんちゃん焼き完成ー。
熱いのでハフハフ言いながらどうぞ。
野菜多めに入れると水分が出て味が薄くなるんだけど。食べながら煮詰めていくと最後の方は激ウマです。→つまり煮詰めた方がより旨い。
ちゃんちゃん焼きを混ぜたところ
1人前の脂質量を脂質制限中の方のためにお伝えしておきますと。
1人前換算で
秋鮭:100gで4.1g

味噌:大さじ1で0.54gg
バター:1.5gで1.22g
※カロリーSlismを参照 ※メーカーによって多少異なります

他の調味料は脂質ゼロ。

野菜類は脂質が低いのでざっくり多めに見積もって1gで計算。

トータル脂質は6.8g!
カロリーは400Kcal程でした。
脂質を気にしない方は秋鮭にこだわらず、銀鮭でもトラウトサーモンでも!バターもたっぷり入れると更にコクが増すよね。
砂糖醤油で焼いたとうもろこし
ちゃんちゃん焼きの他は、舞茸とわかめと長ネギと油揚げのお吸い物、とうもろこし、漬物、りんご。
大好物のトウモロコシ♪

→だから夏が好き

今年は砂糖醤油でこんがり焼いた屋台スタイルをハードリピしてました。
秋の訪れとともに、とうもろこしの季節はそろそろ終わりですねぇ。
[あわせてどうぞ]

[低脂質レシピ]中華丼は低脂質でも十分美味しい

[低脂質レシピ]秋鮭のホイル焼きの献立。鮭の脂質は種類によって全然違う

低脂質なクレープレシピと具材たち。カロリーも控えめ仕様。