マンションの廊下

購入申し込みをして、翌日には80万円値引きにOKが出て、そこからはサクサクとコトが進みました。

仲介不動産屋の担当営業さんが すっごいテキパキ君で

中堅のデキる人だったのがスゴく助かった!→このブログでは以後「テキパキ君」と呼ぶことにしますw。

色んな不動産購入体験ブログを読んでると、営業担当は大事って書いてる人が多いけど、アタシ、実際買うまでピンと来てなかったです。

契約を進める度に「あ〜こういうことか〜。担当営業さんがダメダメだったら大変だったな〜。テキパキ君でヨカッタな〜」って思うことが沢山ありましたわ。

テキパキ君が、用意する書類・お金を支払うタイミング・金額などを逐一余裕を持って事前にメールしてくれたので、その通りに粛々と進めていれば問題無かったです。…フツーが分からないから比べられないけれど…w。

具体的な流れなんかは、詳しく指南しているブログやサイトが沢山あるので、そちらにお任せするとして〜ザックリ大まかな流れをひと通り。

申し込みから引き渡しまではこんな感じでした。

1. 買付け申し込み

「買いたいです」という意思表示。正直、申込書は契約でもなんでもなくて単なる紙切れなんですけどね。でもこの内容で売主さんは買い手をジャッジするってことで。引き渡し希望日/頭金の金額/ローン金額/手付金の金額などを記載しました。

2. 住宅ローン事前審査

ウチは初めから「フラット」に決めてました。が、まだどこにするかは決めてないと言ったら、テキパキ君が「とりあえずウチがおススメする○○で事前審査通手配します。ここで借りても良いし、他が良い場合は言って下されば大丈夫です」とのこと。買付け申し込みと同時に書類を書いて提出しました。→3日後に承認出ました。

3. 売買契約

売主さんとウチらの都合を摺り合わせて決定。申し込んだ日から1週間後でした。テキパキ君から事前に色んな書類がメールされてきた。

・重要事項説明書
・管理規約承継事項
・売買契約書
・支払約定書
・購入媒介契約書

うえ〜めんどくさーw。

でも、大切なコトなんで。売買契約日までにじっくり熟読して確認しましたよ…あーツカレタ。契約日当日、契約書をテキパキと読み上げるテキパキ君。さすが。慣れてました。契約書にいっぱい実印を押して終了〜2時間半ぐらいかかったかな。

4. 住宅ローン本審査

フラットの金融会社を決め、申し込みへ。たまたまウチの近所に支店があったので色々便利でした。言われるがままに書類を書いて提出。→2日後に承認出ました。もちろん団体信用保険も申し込んで…→こんなトラブルに見舞われましたが、無事解決。

5. フラット適合証明書の発行手続き

フラット利用だったんで、適合証明書が必要でした。テキパキ君の会社に依頼すると8万円。フラットの金融会社へ依頼すると4万円とのこと。えらい違う…。

アタシは「中古マンションホームインスペクション」もやりたかったので、さくら事務所へ依頼しました。その時のブログ→【フラット適合証明発行とホームインスペクションをさくら事務所に依頼しました】ここなら、ホームインスペクション料5万円をお願いすれば、適合証明書発行料は2万円也〜。

6. 火災保険を決める

コレはダンナに任せました。ネットで人気の上位3社に見積もり依頼して比較するも…条件が微妙〜に違うんで、どう判断していいか悩ましい。コレも「さくら事務所」の火災保険無料相談へ相談に行って…進められるがまま契約。(いや…もちろん納得して契約したんですけどね)

いずれにしてもネットで一番人気の会社でした。もちろんトータルコストを考えて35年一括払いです。今年から10年単位でしか契約できなくなるみたいですね。

7. 金消契約

この直前にこんなトラブルがありましたが…。無事解決。
フラットの支店へ出向き、書類にサイン・捺印をいっぱいしました。実質1時間半ぐらいで終了〜。

8. 決済&物件引き渡し

やっと引き渡しです!

ここだけは先にアップしてたので、コチラをどうぞ→物件引渡し完了!決済手続きはこんな感じでした。

司法書士さんは、手数料がちょっと高いんじゃないの?って思ったけど、「確かにお安い方も沢山いらっしゃいますが、何かあると困るので。ウチが信用している方にお任せ頂けないでしょうか」とテキパキ君。

やろうと思えば、その申し出を断ることも出来たけど、テキパキ君はホントに良くやってくれたし、探すのも大変だしってことで、お任せしました。

そんなこんなで無事オワッタ!申し込みから引き渡しまで、トータル6週間ぐらいでした。