中古マンションの内覧へ!その1

マンションイメージ

わが家の中古マンション購入記。

内覧の記録です。

リノベーションすることが前提だったので、物件探しもしてくれるリノベーション会社に物件探しを依頼しつつ、自分でも物件検索サイトを毎日チェックしてました。

初めの頃は自分で見つけた物件も全部リノベ会社のEさんに連絡して内覧予約してもらう流れで。

→後半になると考えが変わります…そのハナシはこちらの記事で。

では、1件目と2件目の中古マンション内覧体験記をどうぞ。

東京の中古マンション内覧:1件目

マンションの内覧は初体験では無かったですが。本腰入れて探し始めてからは初の内覧。ネットで見つけた物件をEさんに連絡して内覧設定してもらいました。

[ 物件スペック ]
築8年/駅徒歩8分と11分 2路線2駅使用可/70平米/3LDK/1階/限りなく西寄りの南西向き/約4,000万円/大手分譲/ペット可

懸念事項は、西向き・1階というところ。目の前は隣の建物と距離があるので、もしかしたら日当りは悪く無いかも?と期待もありつつ。

現地では売主側の営業さんと、Eさんが名刺交換したあと物件へ。ちょっとビックリしたのは、この売主側の営業さんの態度がメッチャ悪い!すっごいイヤな感じ。

もちろん売主さんにはヘーコラしてるんだけど、内覧が終わるとウチらには挨拶もせずに去って行きました。なんなん?
∑( ̄Д ̄;)

[追記]あとから分かったけど、売主さん側の営業さんは仲介手数料が半分減っちゃうから私たちに買って欲しくなかったんですね。

結果は…
・70平米で天井も高いはずなのになぜか狭く感じた。
・当日は曇り空ではあったけど、日当りは望めなさそうだった。
・駅から8分?もっと遠い気がした。

ってことで見送ることに。

売主さん居住中で色々質問させてもらいました。答えてはくれるのだけど、なんだかぶっきらぼうな印象で…こわいよぅ〜。

物件が気に入るかどうかが一番だけども、

営業さんや売主さんの印象も結構重要だなー

と思ったのでした。

東京の中古マンション内覧:2件目


2件目の内覧はリノベ会社のEさんから送られて来た物件。

ネットでも見てて「隣のビルが隣接してる」ことは分かっていたのだけど、この時はまだ「それ以外に気に入る要素があったら許せるのかも?」という気持があって…内覧をお願いしました。

[ 物件スペック ]
築20年/駅徒歩5分 3路線3駅使用可/63平米/2LDK/1階/ワイドスパンの南向き/約3,500万円/大手施工/ペット可

なんたって3駅利用できて、それぞれ駅徒歩5分は魅力的!

築20年だけど大手施工という安心感もある。1階だけどワイドスパン!問題は日当り。

こちらも売主さんは居住中。まもなく引っ越しされるということで家の中は引越し仕様で段ボールがいっぱい。でも売主さんの印象はとっても良かった。

間取りも良かったなー。ワイドスパンはイイなー。と思ったけど、案の定バルコニー目の前に立ちはだかる隣のマンション。日当りは望めない感じ…残念。

あとは間取り図では確認できなかった「ハリ」がリビングにガッツリと。圧迫感が…。(; ̄ー ̄)あーこれは想定外。

結果は…
・日当りが望めない
・リビングのハリがガッツリ。ダンナの頭にぶつかりそう(身長175センチ)

ということでこちらも見送り…。低層階希望だと日当りが最大のネックだなーと思ったのでした。

まだまだ内覧は続きます〜。
中古マンションの内覧へ!その2

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください