住宅ローンの書類

住宅ローンは、金利の変動を気にするのがメンドーだったので固定金利のフラットにしようと決めていた我が家。

フラットにも色々種類がありますが。→詳しくは住宅金融支援機構「フラット35」のサイトへどうぞ。

ウチのマンションが該当するのは、

フラット35Sの金利Bプラン。

当初5年間、年0.6%引き下げ!活用しない手はナイです。金利Aプランだと 当初10年間 年0.6%引き下げ!ですが

金利Aプランは、マンションはほぼ該当しないんだって。残念!

で、この「フラット35S」を利用するためには、住宅金融支援機構が定める技術基準に適合していることを示す「適合証明書」を提出しなければなりませぬ

適合証明書発行っていくらかかるの?

適合証明書の発行は、住宅金融支援機構に登録している建築設計事務所や検査機関に依頼をするわけですが、仲介業者やフラット取扱い金融機関に依頼することも可能ってことで。

さっそく不動産屋さんの担当テキパキ君に聞いたら「ウチだと8万円です」うーん。結構高いのネ。で、フラット金融機関へ聞いたら「4万円でやります」とのこと。あら結構な差だ。

登録済み物件は適合証明発行省略できる

中古マンションらくらくフラット35に登録済みなら、適合証明発行を省略できるんだって!残念ながら、ウチの物件は登録が無かったので、お金払って依頼せんとならん。

ついでにホームインスペクション

中古住宅を買うならホームインスペクションもしたい

と思ってたアタシ。一戸建てだと利用する人も多いみたいなんだけど、マンションには普及してないんですかね?

内覧する度に「ホームインスペクションしたいんですよね」って言うと、営業マンに「初めて聞きました」と言われたり「依頼されたことは今まで一度も無いですね〜」と言われましたよ。
中古一戸建ても扱う不動産屋なら知らないハズは無いと思うんだけどな〜〜!
メンドクサイ客だな。と思われてる?
( ̄Д ̄;)
これから長く住む家を買うんだもん。安心しておきたいじゃないですか。
配管の状態や床の水平具合なんて素人にはワカランし。やっぱりプロに依頼して調べてもらいたかった。
で、色々検索して、さくら事務所へ依頼することにしました。
ここなら、ホームインスペクション料5万円+フラット適合証明発行2万円どうせなら一緒にお願いしちゃった方がおトクだよね?

ホームインスペクションの結果

検査には売主さんの立会いが必要なので、仲介担当のテキパキ君へ連絡して日程を調整してもらうことに。

さくら事務所も予想より混んでいて、売主さんとウチらとさくら事務所の空き状況を合わせるのが結構大変だった!
結局、売主さんとの都合が合わず…テキパキ君が代理で立会いしてくれまして。検査スタート。ホームインスペクションについてはここ→ホームインスペクション(住宅診断)とは?

築浅だったので心配はしてなかったけど。
結果は「問題無し」。
少しだけ換気扇の吸い込みが弱いと言われ「掃除してないことによるフィルターの目詰まりが原因」だろうと…売主さん…掃除しとこうよ(汗)
フラット35金利Bプラン適合証明書
で、4日後ぐらいだったかな?無事、検査結果のシートと適合証明書が郵送で届きました。これで無事、フラットSの金利Bプラン適用です♪
[あわせてどうぞ]

マンション内覧前に知っておきたい!口コミと資産価値。役立ったサイト4選

中古マンション購入の諸経費まとめ。ウチはこんだけかかりました。

中古マンション購入申し込み〜引き渡しまで。ウチの場合こんな感じでした。

Sponsored Link


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください