渋谷の交差点

今はやっと物件引渡が終わって一段落の我が家ですが。ここに至るまでの物件探しやら契約やら、覚えてるうちにアップしていこうと思いますっ。

物件を探すエリアを決める

はじめは実家の最寄り駅で探してたけど、この記事でも書いた通り ほんっとに物件が出てこない街らしいことが分かり、半ば諦め気分。仕方が無いので検索範囲を広げることに。

1. ダンナの会社から通勤30分以内。

2. 地盤が良いこと。

3. ウチが良く行くJRの主要駅 新宿か渋谷か池袋に出やすいとこ。

4. アタシの実家からそう遠くないとこ。

エリアの最低条件はこの4つ。

ダンナの会社から30分以内で、アタシの実家からもそう遠くない場所となると…そんなに範囲は広くない。23区で言えば 豊島区・練馬区・板橋区・渋谷区・中野区・文京区・新宿区のいずれかか?

とはいえ、どこにどんな物件が出てくるか分からないので、ネット検索するときは23区内でチェックしてましたけどね!

やっぱり無視できない地盤

大きな地震の心配が増してる昨今。地盤が悪ければリスクも揺れも大きいんじゃないかと…。もっと年齢が若ければリカバリーもきくが、なんせ40代中盤。あまり冒険はできませぬ。

ここは手堅く地盤も重視することにしました。最近人気の湾岸や川沿いは候補から外れることに。でも地盤てどうやって調べたらいいんだろ?と思ってググる。

G-SpaceⅡ住宅地盤診断サイト

地盤やハザードマップを調べるのに、このサイトはすっごく便利でした。

「住宅地盤診断」で、物件の住所を入力すると、ピンポイントで地盤診断と災害リスク評価が分かるという優れもの!災害リスク評価→浸水の可能性/地震による揺れやすさ/液状化の可能性が表示されます。

正直、自治体のハザードマップって見づらいし、ピンポイントで調べるのは難しい。このサイトの存在はホントに有り難かったです!