一戸建てかマンションか。ウチがマンションに決めたワケ。

街並イメージ

家を買うと決めたわが家。

一軒家も建売も土地も、新築マンションも中古マンションもコーポラティブハウスも色々探して内見した結果、中古マンション購入&リノベーションという選択をしました。

まぁぶっちゃけ、東京に土地買って家を建てるのは予算的にムリだった!というのが最大の理由なんだけど。

建売りを内覧してみた。東京の土地は高すぎるぅ〜。

例えば100%満足できなくても、どうしても一戸建て!と切望していたら、狭小・駅から遠い・借地・中古・建売りなどなど、何かを我慢しながらも「成せば成った」と思うんです。

じゃあなんで一戸建てにしなかったか?

一戸建てとマンションのメリットデメリットを絡めながら語りたいと思います。

マンションか一戸建てか

実は二世帯住宅を計画して基本設計まで終わっていたところ、家族の理由で頓挫したことがあって。

40代になっても家を買わなかったワケ。

理想のおうち、理想の間取りが完成したあとだったから「あの家を自分たちの手で建てたい!」という想いもあって、しばらくは一軒家も視野に入れて探してました。

マンションで叶えられない一戸建ての魅力

目指していた理想の一戸建ては(要らん情報?いやまぁちょっとお付き合いを)

1・お風呂に窓が欲しい!
→温泉旅行が趣味なんで。露天風呂感覚になれる大きな窓に憧れがあった。

2・広いテラスでお茶したりご飯食べたりしたい!

アタシにとってこの2つが叶えられる一戸建ては魅力的でした。

大きな窓のあるお風呂はマンションじゃなかなか無いし、広いテラスのあるマンションもあるけど数は少ないし、大体5階以上。(高所恐怖症ではありませんが、3階以下が希望だった)

ほんとに一戸建てはマンションでは叶えられない魅力がたくさんありますね!

一戸建てのメリット

一戸建ての良いところは

  • 上下階の騒音問題が無い。
  • 修繕は自分たちのペースで計画できる。
  • お風呂に窓を作れる
  • 広い庭やテラスも可能
  • 好きなペットが飼える(マンションは大きな犬がNGなところも多い)

「お宅探訪」を毎週欠かさずチェックして、いいな〜いいな〜って思ってました。

一戸建てのデメリット

理想の一戸建てを夢見る反面、当然一戸建てのデメリットもありまして。

  • 24時間ゴミ出しはできない
  • ゴミ収集所の清掃当番がある
  • 近所や自治体とのおつきあい
  • 出かける時の施錠チェックが大変
  • 家の周りの掃除が必要
  • シロアリ問題
  • 平屋でなければ階段の上り下りがある
  • 宅配ボックス設置が難しい
  • 場所によっては土地の固定資産税が高い

「朝ゴミ捨てできるかな?」とか「台風とか大雨とかで浸水したらどうしよう」とか「出かけるときの施錠チェックが大変そうだな」とか「玄関先や庭の掃除もやらなきゃだな」とか…一戸建てのデメリットも気になってたのは確か。

アタシ的な現実問題。
お風呂の窓や広いテラスの満足度より「毎日の生活に直結する部分」のメンドクサさの方が上回りそうだなと。東京の一戸建てだと駅近は買えないだろうし…。と夢が遠ざかっていきました。

マンションのメリット

一方、マンションのメリットは

  • 24時間ゴミ出し0K!
  • フラットフロアで階段が無い。
  • 2階以上なら浸水の心配が少ない。
  • マンションの玄関先や庭、ゴミ置き場の清掃は管理人さんが担当してくれる。
  • カギ一個で戸締まり終了。
  • 宅配ボックスがある。
  • 駅近物件も買える可能性がある
  • コンクリートで頑丈

マンションのデメリット

  • 修繕計画は自分たちのペースでできない
  • 窓の位置は変えられない
  • 上下階の騒音問題がある
  • 上階はエレベーターの故障や点検があると階段がツライ
  • 大きなペットは飼えない

自分たちにはマンションの方が合ってると思った

お風呂の窓や広いテラスは魅力的だけど、こうやってメリットとデメリットをあげてみると自分たちにはマンションの方が住みやすいかも?と思えてきました。

しかもマンションなら価格的にも手が届く物件が多いし駅近も不可能じゃない。

ダンナもアタシも実家は一軒家ですが、結婚してからはずっとマンション暮らしだったから、もうマンションの方が住み慣れてましたし。

「戦後最大の台風」が接近・直撃したときの「マンションの静かさ」は、それまで木造一戸建てに住んでたアタシにとっては衝撃的でした。RCって凄いな!って思ったとです。

ということで。

ウチらは「マンションに決めた!」のでした

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください