建売りを内覧してみた。東京の土地は高すぎるぅ〜。

家の模型

基本設計まで完了してた二世帯計画が無くなったのは今からちょうど1年前のこと。そこからアタシ達夫婦は「2人で住むための家」を買うことを決めて予算もおおまか決定して…

さて、いよいよ家探し開始!次の課題は一戸建てかマンションか。

結論から言うと、東京で土地を買って満足のいく家を建てるのは予算的にムリでした(涙)

今回は「やっぱりムリだ!」と言う結論に到るまでの土地探しと建売り内覧体験談です。

一戸建てかマンションか

まだ二世帯で決めた理想の間取りプランが諦めきれなかったアタシ。

土間のある玄関。大きな窓のある開放感のあるバスルーム。ゆとりあるパウダールーム。ワークスペースもリビングもキッチンも考えに考え抜いてベストな間取りが出来上がってたんだもん!

一軒家の模型
二世帯計画のときの家の模型です

あの家を再現できないかな〜?と…今振り返ると甘いことを考えてたモンです(泣)

東京の土地は高いっ!

ネットで土地を検索しただけで「こりゃ土地買って注文住宅建てるのはムリだな」ってことは明らかでした。

そもそも良さそうな土地は片っ端から不動産屋が購入して建売り物件を建ててしまう様で。アタシ達みたいな素人ユーザーにまわってくる土地情報は再建築不可や崖上や旗竿地ばかり。

根気よく何年も探したり再建築不可の中古物件をリノベっていう手もあったけど、ローンが下りない可能性もあるしコストコントロールも大変そう。

越えないとならんハードルが多い気がしてチャレンジする前にやめときました。

建売り内覧体験談

一戸建てを予算内に買えそうだったのは狭小の「建売り」か「建築条件付き」だけ。でも、もしかしたら気に入る物件があるかもしれないじゃん?と、5件ぐらい建売りも内覧しました。

都心の建売は夫婦ふたりの生活に合わない

でもね〜

都心の建売りって大体3階建て

なんですよね。

1階に駐車場を確保するためなんだと思うけど、クルマを手放したアタシ達は今後もクルマを買う予定は無いし、

子供もいないので部屋数はそんなに必要としてないし。終の住処になるならばなおさら3階建ては老後が辛そう。

夫婦2人で3階建ては使いづらいなと思いました。

建売りは設計に疑問が多かった

アタシが見た建売りは全部、1つの土地を何区画かに細かく区切って建てられていて、狭い土地にファミリー向けの部屋数を多く取った間取りがほとんど。隣家との距離も近かった。

ある物件は窓を開けたらすぐ隣の家の壁!なんのための窓!?とか。

唯一の南側の腰窓になぜかFIXの障子。なんで?日が入らないやん!とか。

キッチンと冷蔵庫置き場はあるけど食器や家電の置き場が全く想定されてなかったりとか。

住む人のことを考えてるのかな?現地を見て設計してんのかしら?と疑問に思う物件も…。

見て回りながらダンナと、買ったらすぐに建て直したくなりそうだね。→それ建売り買う意味ある? →じゃあ土地だけ買って建てればいいんじゃん。→だって条件無しの土地は高くて手が出ないもん!

ってことで。

ウチらの予算だと満足できる戸建てはムリだね!

ということがやっと分かりました。→気づくの遅い。


誤解のない様に書いておきますが、

建売りを購入して自分たちの生活に合うよう工夫して素敵に住まわれてる方も沢山居るし、建売りでも素敵な家はあると思います。

アタシが探していたエリアでは自分の生活に合う建売がなかっただけ。そもそも階段がムリという時点で都心の建売は選択肢から外れますもんね。

予算問題以外にも、一戸建てとマンションを比較したら自分たちにはマンションの方が合ってるね。と言う結論に達しました。

その辺りの詳しくは次の記事で〜。

2 Comments

コメントを閉じる
TSUN

ホントですね!土地なんて手が出ませんー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください