家イメージ

すっかり家を「買うモード」に突入してた我が家ですが、ふと立ち止まって考えてみる。

そもそも「買う」必要あるかな?

コツコツ貯めてきた貯金が一気に無くなる不安。千万単位のローンを組む不安。買ったあと後悔しちゃったらどうする?っていう不安。いろんな不安が一気に押し寄せてきて、怖じ気づいた。

でもね〜家を買わないと決めたなら一生賃貸しかない。買うか、借りるか、二者択一しかないですよね?

購入 VS 賃貸

サイトでググると山の様に出てくるこの手の話題。

賃貸の「家賃+更新料」と、買った場合の「物件価格+諸費用+管理費+修繕費+固定資産税」のトータル費用を比較してみると、結局「大差無し」って結果になる様ですね。例えばここ→賃貸VS買う|住まいの最新記事やノウハウ情報を探すならSUUMO住まいのお役立ちノウハウ

ってことはだ。

アタシの場合、貯金が無くなる不安やローンを抱える不安があったけど、それは結局「賃貸にかかるお金を前倒しで払ってる」だけのこと。賃貸も同じだけお金がかかるってことですよね?

じゃあ、費用以外のところで比べると?

お金以外のメリットとデメリット

をアタシなりに考えてみる

賃貸のメリット

・飽きたら引っ越せる
・災害で壊れても引っ越せばいい

賃貸のデメリット

・内装を自由に変えられない
・自分の資産にはならない
・老後は貸して貰えるか不安

購入のメリット

・資産になる
・自分の好きな様にリフォームできる
・老後も住み続けられる安心感

購入のデメリット

・管理組合の理事がまわってくる
・近隣トラブルがあったら困る
・災害時、住めなくなったら?

うーん。やっぱり

内装を自由に変えられる
自分の資産になる

ここが大きい!

インテリア雑誌を眺めては「木目のキッチンいいな〜」と思ったし、「壁に棚つけたいな〜」って何度思ったことか。

買えば自分の資産になる。売ったり貸したりできるじゃないか。万が一売れなくても貸せなくても、自分の好みの内装なら愛着も湧きそうだし、気に入らなければいくらでも手を入れたらいいじゃない。

購入のデメリット「管理組合の理事」は、自分の資産だと思えば頑張れる気もする。近隣トラブルや災害のことはどうにもならないけど…それを憂いでいたら一生自分の好きな空間には住めないってことだ。

やっぱり一生に一度ぐらい、自分の好みの家に住みたいー。

ということで。やっぱり一度ぐらい買おうじゃないか!腹をくくりました。