時系列で順を追ってアップしていこうと思っていたけれど、いろんな問題が発生して困った!ので、今回は「いまここ」的なブログですっ。

まず…フラットの金利が上がるのを恐れて、5月中の引き渡しを希望してたウチら。売主さんも快諾してくれ、「転居先が○日に決まりそうなのでハッキリしたら連絡します。」っていうことで連絡を待ってたんです。

が…約束の期日を過ぎても連絡が来ない…どうしたんだろ?と思ってたら不動産屋さんから連絡があり、

実はここ数日、売主さんと連絡がつかなくてボクも困ってるんです…という告白。

えええええええ。マジすか?

そこから何日も「まだ連絡がつきません…すみません」の連続。

とうとう金消契約予定日も過ぎてしまった。

これは…どういうこと?大丈夫なのか?売主さんどうしちゃったの!?

事故にあったとか?
実は借金が大変で逃げたとか?
事件に巻き込まれたか?

頭に浮かぶのはネガティブなことばかり。

支払い済みの仲介手数料の半額と手付金、合計280万円…戻ってこないこともあり得る?とアタシ。え?売主さん都合の契約解除だから手付金倍返しでしょ?損はしないんじゃない?とダンナ。いや…それって相手がまともな人の場合だよね…?このまま連絡付かなかったら??…戻ってこないんじゃないの!?

そんなのイヤーーーー!

すぐに調べて、念のため保証に入っておいてくださいっ!と不動産屋さんに手続きを依頼。

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会の「手付金保証制度」
http://www.hosyo.or.jp/jigyo/hosho.php

→コレに入っておけば、万が一の時、支払い済みの契約金を保証してくれるらしい。ひとまず最悪の事態からは免れそうでひと安心。

よみがえる二世帯計画頓挫の悪夢。また今回も契約が白紙撤回になったら…私たちは家買っちゃダメってことかな?神様が止めとけって言ってるのかなー!?とか思っちゃう。火災保険の申し込み手続きも待ってもらい、金消契約日もリスケジュールしなくちゃ…。あーあ。

待つしか無い日々は余計なコトばっか考えちゃってストレス!

そして9日後
「売主さんと連絡取れました!!」朗報!

よかったぁー。

…で、なんで連絡取れなかったんですか?

お忙しかったみたいです。←ホントか?

おい〜〜〜〜。頼むよぅ。ドキドキしたじゃないかっ。

まぁ…こっちの希望を快諾してくれたんだもん。多少のムリはあったに違いない。転居先が決まらなければ6月になっても仕方ないと思ってたので、責めることもできないですけれど。メールや電話、1本かけるのに3分もかからないのになぁ…と思ったり。

これからすぐに売主さんの抵当権抹消手続きを進めます!日程のご相談ですが金消契約を今週末に行って頂いて、月末引き渡しというスケジュールでいかがですか?と。ダンナも有給取り直しだけど仕方ない。

司法書士さん/フラット担当者さん/とも事前にやりとりしてテキパキ処理してくれる不動産屋さんで本当によかった。

全員のスケジュールを摺り合わせ、金消契約は予定より1週間遅れ。引き渡しは3日遅れに。ギリッギリのバッタバタだけど、どうか順調に進みます様に!

このときはまだ、
この先さらに大きな壁が立ちはだかるとは、思いもしてなかったアタシなのでした…。