ごはん作る気が起きなかった、
ある日の週末。
→良くある。

 

ダンナがなんかの用事で外出してて
→なんだったかなー。散髪だったか?

 

帰りにお弁当買って来てー

と懇願。

 

いつもなら「何がいいのー?細かく指定してくれなきゃわかんないよ〜」とメールが来て、お望み通り細かく指定してリクエストするところ、珍しくそんなメールは届かず。

 

あれ?おかしいな…メールしとこうかな。と思った矢先、

 

津多屋の弁当買ったよ。

とメールが。

 

ナイス!
でかした!
わかってるじゃん!

 

そういや…この前の週に好きなお弁当の話をしたばっかで、記憶してたと思われ。

 

ちょいちょい言い続けることが大事だなってアタシも学びました。

津多屋は、創業45年の仕出し弁当屋さん。

 

買えるのは上石神井駅にある直営店と西武池袋店と西武渋谷店のデパ地下のみっぽい。

あ、仕出し弁当屋さんなので、
23区近郊であればイベントやセミナーやロケなどで利用の注文はできます。

 

津多屋オフィシャルサイトはここ

 

アタシが津多屋さんを知ったのは3年前。さま〜ずが絶賛してるのをテレビで見て食べたくなって。

 

秋ですな~なゴハンと、津多屋ののり弁。
旧ブログ・この記事の後半辺りに書いてあったんだけど。ウチゴハンが今と何も変わらずで弱冠恥ずかしい。

 

津多屋ののり弁当

のり弁

3年前に初めて食べた時と変わらぬ味と佇まい。

ごはんは結構多め。
のり弁は2段仕様。

津多屋の生姜焼き弁当

生姜焼き弁当

生姜焼きがごはんの上に乗っかったスタイル。

津多屋のお弁当のおかず

おかずが多いのも嬉しいポイント♪

のり弁には、煮卵や魚、角煮、ポテトサラダやコロッケなど。

お弁当によっておかずの内容も半分以上違ってて、ひとつひとつ丁寧に作られてるなーって思わずにいられないお味。

津多屋のお弁当のおかず

普通だったらメイン以外は同じおかずが入っててもおかしくないところ、生姜焼きには卵焼きが入ってるけど、のり弁には無いんですよ。

アタシだったら絶対両方いれちゃう。→手抜きジョウトウ。

 

全面に押し出されることが多い海老フライが、卵焼きの影に隠れてるところにも注目。

あ!こんなところに海老フライが!

と発見したときのダンナの喜び様ったらなかったわ。

派手な豪華さは無いんだけど、「はぁ〜旨いねぇ〜」とあとからじわじわ感じる優しい味付け。

アタシの個人的なお気に入り度で言えば、

3本の指に入る大好きなお弁当です!
ん?一番?

峠の釜飯で晩ごはん

1番はおぎのやさんの峠の釜めしw。

 
食べる度に言っててしつこい?(汗)
まぁ…アタシの場合、幼少の頃の思い出が大きく関係してるのは否めないんだけども。

 

東京駅の駅弁専門店「祭」で販売してる紙パック版は比較的いつでも買えます♪

峠の釜飯の紙パック

ダンナもアタシに影響されたのか、釜めし愛が年々強くなる様で。

松本旅行ん時に

ボク帰りの駅弁は絶対釜めし!

と鼻息荒く。美味しそうなお弁当や惣菜をいくつもスルーしたのに。松本駅にも乗換の長野駅にも売ってなかったという悲しい事態から3ヶ月。

東京〜松本へ。おトクなきっぷ・駅弁・日本三大車窓姥捨駅の眺めやら。

先日、東京駅に行ったついでに買って帰ったら

 
わ!釜めし!
釜めしじゃん!

え?え?なんで?
やったー!釜めし!
えらい!でかした!

釜めしだよね? 
→夢か幻かって感じの言い方

と、大騒ぎだったわ w。