リノベの後悔ポイント。こだわったのに不要だったこと2点

リノベ テレビ 壁付け

リノベーションを計画してたとき
絶対取り入れたい!
と強く希望したにも拘らず入居して5年が経過しても未だに実行できていないことが2つあります。

5年経っても不便を感じてないと言うことはつまり

必要なかったと言うこと

リノベ計画中は妄想や夢が広がり、本当に必要なことなのかどうかの判断が鈍りますね。

と言うことで。今回はわが家には不要だったことを綴ります。これからリノベされる方は余計なコストがかからない様に、どうぞ冷静な判断を!

その1 寝室の壁掛けテレビ計画

リノベ テレビ 壁付け
賃貸時代は、寝る直前までテレビを観てるのが常だったので。ベッドルームにはテレビが必要でしょ?と信じて疑わなかったアタシ。
6畳にシングルベッド2台を詰め込んで、ギューギューで余裕の無い寝室ゆえ、
テレビを置くスペースが無い!
壁付け テレビ
ならば
壁に付けるしかないよね?って思って。
壁の中にテレビ設置用の下地を入れてもらいました。ケーブル類もテレビの裏にすっきり隠れるように、アンテナとコンセントの位置も綿密に計算して取付けてもらったのに。
まだテレビ付けてません。
ごめんなさい
ごめんなさい
実際住んでみて…
今のところ
テレビはリビングだけで充分でした。
リビングでテレビ観ながら、そのまま寝落ちしちゃうこともありますが(汗)「さて!寝るぞ!」という意気込みでベッドにもぐりこむ生活が定着してます。
っていうか。最近は持ち運べるテレビもあるし、
タブレットで充分じゃない?
とも思いますよね。これはこのまま使わない可能性が大かも…。

その2 ウォーターサーバー計画

ずーっと前からウォーターサーバーに憧れてました。
引越したら絶対設置する!
と鼻息荒く、コンセントも準備してもらっていたのですが。
ウォーターサーバー コンセント
天然水かRO水かを決めるところでまず挫折。
ペットボトルを買い続けるより倍額以上かかりそうなことが分かって、さらにテンションが下がり。
メンテナンスも多少は必要だし…
場所取るし…
あぁぁぁぁーーー!
メンドクサイかもー!
となって、
未だに設置しておりません。
あんなに憧れていたのに。貧乏性はこれだからねぇ(恥)
今だにミネラルウォーターはペットボトル。カウンター下に5〜6本。冷蔵庫に1本を常備するようにしてます。
最近はソフトバンクの契約云々で、毎月500円のTポイントが貰えるので。ならば!と、オイシックスもTモール経由で買ったりしてコツコツTポイントを稼ぎ、
LOHACO
ロハコウォーターをポチ。
1本あたり68.6円也。
どう考えてもウォーターサーバーより安く済みます。

ウォーターサーバーなら常にお湯が出てくるタイプもあるしお茶やコーヒーを入れるときに便利なのは分かっているけど

それよりもメンテナンスや大きなボトルを保管しておく場所の確保の方が私にとっては遥かに面倒なことでした。

壁付けテレビもウォーターサーバーも設置する気満々でコンセントや下地を入れてもらったけど、その工事費用はムダになってしまったわけです。


コンセントは他に使い道があるからまだ良いかなと思いつつ、もっと冷静に考えれば分かったことかも?と言う後悔もあるので

これからリノベされる方は、その設備が本当に必要かどうか?冷静に判断してくださいませ〜。

2 Comments

コメントを閉じる
Frog and Toad

tsunさん、おはよーございますー。
お水、2人暮らしで買ってると結構な量をストックしないとすぐなくなりそう、、
ワタシも以前は買っていたので、買ったお水を使う時は無駄遣いしないように気を付けてましたね、、
7~8年前にトリムの整水器を買って(初期コストまぁまぁなお値段ですが)からは、お米や野菜洗うのも茹でるのも、料理に好きなだけ水素水が使えてお水購入&管理ストレスがなくなりました(゜-゜)
年に1度、カートリッジ代も1万円かかるのできっとコスト的には以前よりかかってるんでしょうけど、おススメですよー♪

返信する
TSUN

Frog and Toadさん こんばんは〜♪

お水ストック。おっしゃる通り、料理やコーヒーなどで1日に1本は確実に消費してるかも。
リノベのときもビルトイン浄水器を入れるか否か迷ったけど、予算オーバーで真っ先に断念したんですよね。
トリムの整水器。ちょっと調べてみたら確かに初期投資はなかなかのお値段の様で…(汗)
でも、水道水から直接使えるのは便利そうですー。ストックする必要も無いですしね!
少し余裕が出て来たら検討してみようかしら。( ̄▽ ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください