リノベーション 中古マンション

時の流れというものは残酷で。

出会った頃は若々しい青年だったダンナも、今や誰が見ても紛うことなきオッサンとなり。
前を向けば未来しかなく、夢と希望に溢れていたハタチそこそこだったアタシも、気付けば2度目の成人式はとっくに過ぎて、スマホを眺める手は遠ざかるばかりなり…。
時は止まることを知らず

一切の例外無く、誰しもに平等に流れているけれど

それは生きるものだけではなく

カタチあるもの全てに当てはまること…。

パソコンデスク

リノベをしてから早2年半。

いや、まだ2年半。
2年半なんてアタシの歳に比べたらまだまだヒヨッコ!2歳半なんて、これから抱く夢や希望にすら気付いていないお年頃。
経年変化 無垢材
なのに…
早過ぎやしませんかね?
イケアで買った無垢材デスクの経年変色!!マウスパッドを置いてた場所だけ白い〜。
無垢材は経年変色をたのしむものとは言うけれど。
アタシはイヤだ。
新品の頃の色が好きで買ったのに。

あれよあれよと言う間に深みを増していく木材。

もっと白っぽい木目が好きだ!

アッシュっていうの?

木目の色を変える方法は?

残念ながら時を戻すことはできないし。

木目の色も元に戻ることは無い。アタシもハタチには戻れない(涙)

となれば。
力技で色を変えるしか無いですよね…。
力技の選択肢は以下の4つぐらい?
・買換える

→購入と破棄にお金がかかるけど希望の色が叶う。

・表面を削る

→労力はかかるけど一番低コスト。工具に慣れていないと失敗のリスク有り。

・色を塗る

→ペンキ代がかかる。木の風合いが損なわれるリスク有り。

・リメイクシートを貼る

→リメイクシート代がかかる。やり直しが効くので失敗リスク低め。ただし本物感は無くなる。

高価な無垢の家具なら削るのが現実的かなと。
工具に慣れてない方は購入した家具屋さんにお願いするのがベストだと思う。
普通に考えて、清水ショッピングの無垢材家具ならば、ペンキで木目を潰してしまったり、ニセモノなプリントで覆い隠すリメイクシートは選択肢から外しますよね。
ただ、今回は
イケアの安価なデスクなんで。
裏面は集成材な造りゆえ、裏面にリメイクシートを貼ってみようかな!と思って。
壁紙屋本舗さんでリメイクシートの見本を取り寄せました。
壁紙屋本舗の見本
壁紙屋本舗さんは商品数が豊富で色々選べるのが良いところ。楽天もYahoo!店もありますわ。

壁紙屋本舗/楽天市場店

壁紙屋本舗/Yahoo!ショッピング店

今回取り寄せた4点の中だと右上のSINCOLが好みかなー。

先日買ったリメイクシートにも一番近いみたい。

だけどドンピシャ!コレコレ!とまでは思えず。

ホームセンターにも見に行ってみましたが、リメイクシートは思ったより取扱いが少なくて理想に巡り会えず。

壁紙屋本舗さんの方が断然豊富(→当たり前か)
しかしホームセンターは楽しかった!
敷くだけフローリングのデコピタやら
フローリング
吸着タイプのゆかペタやら

ゆかぺたは東リさんの商品らしい。

ホームセンターの売り場
接着不要ではがせる塩ビのクッションフロアなんだけど。
完成度高めの木目調に感心しきり
セルフリフォームの世界もここまで来たか。すごいねー。
時の流れによる経年変化は憂鬱になることもあるけれど。
進化は大歓迎
アタシがハタチの時はこんな商品無かったもんねぇ。ウチの洗面所とトイレのDIY熱がフツフツと沸き上がって参りました!
ロールタイプの紙ヤスリ
今すぐ買いたい衝動を抑えクールダウン。
とりあえず珪藻土バスマットお手入れ用に、ロールタイプのサンドペーパーと

soil 珪藻土バスマットをお手入れ

シナベニア板
ランチョンマット収納棚用のベニヤ板を買って帰りました。
たった2年半だけど、

DIY業界は確実に進化してますね!



【あわせてどうぞ】

★姿見(鏡)の枠を木目調シートで白くリメイク。失敗と成功のコツ

★洗濯機の排水ホースの目隠しカバーをDIY&スキマ収納探し

★DIY!壁にベンジャミン・ムーアペイントを塗るの巻【施工篇】