スッキリとしたキッチン

キッチンには何も置かない派です。

ホントは、シェルフのあるキッチンにも憬れてるんだけど。
イイ感じに飾れるセンスもないうえ、

常にキレイに掃除できる自信もなくて。

掃除中にモノをどかすのも面倒で…

サーっとひと拭きしたくてモノを置かない様にしとります。

水切りカゴも手放しました…。

水切りカゴを無くしてスッキリ!でも…布巾はどこに掛ける?

キッチンペーパーは手元にあった方が便利

ただ…料理中は手元にあった方が便利なモノもたくさんあって。
そのひとつがキッチンペーパー
食材の水気を拭いたり、

焼いてる間の油をふき取ったり、
何かと出番が多いですよね。

今まではコンロ下の引出しにセットしてて、必要なときは引出しをあけて使ってたんだけど。
料理中って手が汚れてることも多々あって、
手を洗う → 手を拭く → 引出し開ける → キッチンペーパーを巻き取る → 引出しを閉じる
アクション多いわ!
腰もかがめないといけないし、
使いづらいなーと思ってました。
料理中だけワークトップに出しておく手もあったけど、引出しの中も整理しなおしたいと思ってるんで。
思い切って出すことに!

キッチンペーパー収納のベストな場所は?

さて、どこにどう置くか。
料理中のベスポジは、
シンクとコンロの前ですかね?
セリアのアイアンバー
コンロ前ならレンジフードにホルダーを取付ける手もあるな!と思って。
初めに思いついたのはセリアのアイアンバー。
レンジフードにマグネットでペタリとするだけで使えるじゃん♪
アイアンバーをカットする必要はあるけど、108円なら失敗しても後悔なし!

と企んでたら

そこは汚れるんぢゃね?
とダンナから物言いがついた。
(-_-)まぁ…確かに。

一番油が飛ぶところ。

じゃあああああああどーーーーーすんねん!
あ!
このスキマがあった!
吊り戸棚とレンジフードのスキマ。
シンクとコンロの間というベストな位置♪
ここなら隠れるし、見た目的にもスッキリできそうじゃないですか。
ということで。

もぅここしかないわ!と鼻息荒く、
今度はホルダー探しをスタート。

ペーパーが汚れないペーパーホルダー

シンプルでミニマムなペーパーホルダーは色々ありますが。
料理中に汚れないタイプがいいなと思って、全部まるっと覆うケースタイプを探しました。
・シンプルなカタチ

・白
・軽量
・洗える

で探したら
Like-itシリーズがヒット。
わりとシンプルでスッキリしたデザインが多いLike-itシリーズ。収納用品も豊富ですよね。

like itのキッチンペーパーホルダー

ウチはくつとブーツの収納にもLike-itシリーズを愛用してますわ。
下駄箱の掃除と収納見直し〜高さを調整できるシューズホルダー

磁石がつかない場所にマグネットを貼る方法

Like-itのキッチンペーパーホルダーはマグネットタイプなんだけど、

設置するイケアの吊り戸棚は化粧合板なんで

マグネットがつかない。
そこで必要なのがコレ。

磁石がつかない場所にマグネットを取付けられる様にしてくれるアイテム。

マグネット用補助板

吸着シート取り付けなので、
くり返し使え、

はがし跡が残らない

↑最重要ポイント。

●取付けられる所
吸着シートより大きいタイル、模様のないステンレス、金属塗装面、プラスチック面、透明ガラス、鏡面、プリント合板、化粧合板

●取付けられない所

木壁、模様のあるステンレス、布壁、凹凸やシワのある壁紙、しっくい、モルタル、スリガラス、水性塗装壁、浴室など水滴のつく所、水のかかる所、高温になる所

 

マグネット補助版

早速!
吊り戸棚にマグネット補助板を貼りまして。

ペーパーホルダーをセット

キッチンペーパーホルダーの設置位置

Like-itのキッチンペーパーホルダーは向きも自由。
上下対称のデザインで、アチラ向きでもコチラ向きでもお好みに応じて変えられます〜。これ何気に便利。
見た目重視ならキッチンペーパーが見えない方が良いけど、
キッチンペーパーホルダーをマグネットで設置したところ
残量が見えて補充がカンタンなのはコチラ向きですね。
アタシ的には中が見えない方が好み。

けど、上手く切れなかったり、カットした端が中に巻き込む時もあったんで…コッチ向きの方が使い勝手は良さそうかなぁ。

とにもかくにも、ダイニングから見えなくて嬉しい♪
シンク前に来るとチラリズム。
料理中のプチストレスがひとつ減って満足デス!(・∀・)
にしても…キッチン収納の見直しって考え始めるとマジでエンドレスですね…(汗)
【あわせてどうぞ】

★下駄箱の掃除と収納見直し〜高さを調整できるシューズホルダー

★無印のストッカーでキッチンシンク下収納をやり直し

★水切りカゴを無くしてスッキリ!でも…布巾はどこに掛ける?