スコティッシュの子猫を迎えた初日の様子。猫との暮らしが始まりました。

リビングに佇む子猫

ツイッターやインスタでは呟いてましたが。

とうとう猫を飼い始めました!

飼うまでの経緯は追々お話しすることにして。今回は子猫がやってきた初日の様子をお伝えしたいと思います。

幼い頃からペットに慣れ親しんだ生活をしてる人とは違い、アタシもダンナも

猫と暮らすのは生まれて初めて。

トイレを失敗するんじゃないか?
爪とぎで壁や家具がボロボロになるかも?
威嚇されたら?噛まれたら?

飼い主を見上げる子猫

ダンナもアタシもお互い頼りにならない、期待と不安が入り混じる初日となったわけだけれど。

これから猫を飼おうと思ってる方はきっと同じような不安を抱えてるんじゃないかと思いますんで。

わが家の実体験が参考になれば幸いです。では行きます!

わが家の初猫はスコティッシュフォールド

まずは猫のご紹介をば。わが家の初猫はスコティッシュフォールドの女の子。生後ジャスト2ヶ月でウチに来ました。

スコティッシュフォールドの子猫

名前はぐうです。

どうぞお見知り置きを。

キャリーから出るとき。初めての一歩

テリトリーを決めて生活する猫にとって環境の変化は一番のストレスだそうで。

「もし臆病な子で、キャリーを開けても怯えて出て来ない時は自ら出てくるまでそっと見守って下さいね」って言われました。

ぐうも移動中はキャリーの中でミャーミャー鳴いてたんで。

車の揺れ、初めて嗅ぐ匂い、初めて聞く音のオンパレードにストレス感じてるのかもなぁ。可哀想に。

キャリーの中の子猫

キャリーを開けたらそっとしておこうね!とダンナと話してたんだけど。

ぐうは秒で飛び出たわ。

物怖じナッシングウ!ぐうだけに(あー言っちゃった)

その時の様子はムービーでどうぞ→このブログの最下段で。

猫による部屋の探索と大運動会

キャリーから飛び出たぐうは、すぐさまお部屋の探索を開始。低い姿勢で匂いを嗅ぎながら部屋中をくまなくチェックしていた模様。

1時間半ほどで探索が終わると今度は

大運動会がスタート

リビングを右へ左へと目にも留まらぬスピードで走り回り、ソファーやケージに飛び乗ろうとトライしては落ちてました(初日の成功率は5割)

用意しておいたオモチャ全てに飛びついて。こっちが疲れるほど元気!スコティッシュってこんなに運動量あるんだ!?

先日手作りした100均キャリーにもすんなり入ってくれましたよ。

生後2ヶ月の子猫のエサは?

わが家の場合は1ヶ月分のエサをブリーダーさんから購入しました。

  • 子猫用のウェットフードを1食につき1/4缶
  • ドライフード:大さじ1杯
  • 離乳食(粉末):小さじ1杯

上記を混ぜて1日2回与えてくださいとのこと。

時間はキッチリ決めなくて良いらしい。

逆に時間を決めてしまうと猫の腹時計は正確で、毎日決まった時間にあげ続けなければならないので。

毎日時間が変わっても大丈夫にしておいた方が飼い主さんもラクですよ。って言われました。

生後2ヶ月の子猫用のエサ

引越しのストレスで下痢をする子もいるので、もし下痢したら離乳食の粉末のみをお湯でふやかしてあげてと。

下痢しなかったら徐々にドライフードを増やし、ウェットフードから切り替える作戦。

ぐうは下痢もなく無事食べてくれているけど初日は1/3ぐらい残しました。

引越し直後は食べない子もいる

って聞いてたので、食べないよりはマシか?そんなもんか?と思ってたんだけど。どうやら

一度に食べる量が少ない

俗に言う「ちょこちょこ食べ派」なのか?1/5程度食べて1時間後にまた食べてを繰り返し、最後の方はウェットもパサパサ。

今は最終的に4/5ぐらいは食べるけど、この5日間まだ完食したこと無いんですよね。

ブリーダーさんのところでは完食してた様なので。まだ本調子じゃ無いのか?もう少し様子を見ようと思います。

トイレのしつけを失敗しないためには?

アタシが一番心配してたのはトイレのしつけ。布団や家具におしっこされたら、それだけ家事も増えますし。

猫は決まった場所でしかトイレをしない有難い習性があり、1度覚えればほぼ失敗しないと。

つまり初日が勝負

初日で失敗したら後々大変。

しっかり消臭して2度と同じところでトイレをしない様に対策せねばなりません。

猫のケージとトイレ

ひとまずケージの中にトイレを設置。ここでしてくれ!

ブリーダーさんに前日まで使ってたトイレのチップを少し分けてもらいトイレに入れましたら

問題なくすんなり。

おしっこもウンチもトイレでしてくれました。あー良かった!

寝るときはケージに入れるの?

猫と暮らしている方々のブログを読むと家猫は部屋で自由に生活していて、ケージに入れてる方はほとんど見かけないのだけど

子猫のうちは誤食やケガが心配

だから人が居ない間はケージに入れた方が安心ですとブリーダーさん談。

震災時や入院時もケージに慣れた子の方がストレスが少ないんですよと言われて、確かにそうだよねとも思う。

ケージの中の子猫

初日のぐうは明らかにムリめな高さにも果敢にチャレンジする意欲を見せているので、

就寝時はケージに入れました。

初日は1時間置きぐらいにミャーミャー鳴いてたけど、2日目からは入れた時の数分しか鳴かなくなりました。学習してるね!

もう少し大きくなったら自由にさせたいとです。

初日からしつけていいの?

猫を迎えた初日はなるべく構わず、猫の自由にさせるのが吉とのことだけど。

アチコチで爪とぎされたら困る。

爪とぎはダンボール製のスツールをリビングに。縄タイプをケージに入れておいたところ

リビングに佇む子猫

教えなくても爪とぎを使ってました。

えらい!

ただ、キッチンの袖壁のタイルで何回かガリガリしそうな姿勢を取ったので、その瞬間に「ダメ!」と一喝したら

丸い目をさらに丸くしてフリーズし止めてくれました。それ以降、この5日間はそこで爪を研いでません。

思ってたより聞き分け良い。

まぁ、忘れた頃にまたやりそうな気もするので。覚えるまでしつこく注意しようと思います。覚えるんかな?(汗)

緊張と興奮の猫との生活1日目でした

そんなこんなで。思ってたよりスムーズだった猫との生活1日目。

自分からスリスリ寄ってくる仕草も見せてくれたけど、手を差し出すと後ずさりしてたんで。まだ緊張してたんだろうね。

走り回ったあとウトウトするも熟睡はしなかったぐう。寝るとちょっと般若顔w

ぐうもウチらも緊張と興奮の1日でした。

追伸:5日目はヘソ天で寝てます。人懐こい性格なのかも。

今後もぐうとの生活のことをちょいちょいブログに書きたいと思います。
よろしくにゃ!byぐう

[追記]避妊手術の前後と、1歳になったぐうの変化もブログに綴りました。

4 Comments

コメントを閉じる
ひまわり

ぐうちゃん、いい子だなぁ
もう可愛くて可愛くて可愛くてたまらないんですけど
旦那さんに寄り添ってる画像とか、キャリーの中から見上げてる画像とか

ツイッターでもずっと画像追ってましたけど、膝の上に乗ってごろんごろんしてるのほんと可愛い
仕事にならない?そりゃそうでしょ!ならないよ!(なぜかキレ気味)

リノベブログやマンションブログからにゃんこブログへと変貌したところ他にいくつか存じ上げてますけど、全然気にならないのでいいと思いますよ
もう毎日自分ちの猫を見守るような気持ちでブログ見てますもん

返信する
TSUN

ひまわりさん こんにちは〜♪
猫を飼うことに不安いっぱいだったけど、人懐っこくて良い子に巡り会えたみたいでひと安心ですー。
子猫ってだけで無条件に可愛いのに、懐くとさらに可愛いもんですねw

アタシがパソコンに向かうと必ず膝に乗ってくるので嬉しいやら困ったやら。寝かしつける→ソファーへ移動する を1日になんども繰り返してます。
マジ仕事にならない(笑)

しばらくはぐうの記事が続くかもな〜って思うけど、インテリアの記事も書きますよ!

kura

TSUNさん、こんばんは〜♪

にゃんこデビューおめでとうございます!
そしてそして、ぐうちゃんかわいすぎて心拍数上がります!
写真見てるだけで癒されるので、側にいたらもう・・・ですよね。

記憶がうっすらとしかないのですが、初めて猫が実家に来た時
戸惑いだらけだったなぁと思い出しました。
ぐうちゃんは模範猫のように初日からお利口さんですね♪
これからちょいちょいと言わず、たっぷりぐうちゃんのこと楽しみにしてます♪

返信する
TSUN

kuraさん こんばんは〜♪
改めて。猫を飼う勇気をくれてありがとう!
まだ5日目なんで、これからもっと慣れたら、いたずらも増える可能性は否めないけど(汗)思いの外賢い子で助かってます〜。

しかし猫の癒し効果ってすごいですね。これはもう自分で飼ってみないと分からないものだなぁと痛感してますわ。
インテリアブログなのに猫ばっかになってもねぇと思いつつ、今はぐうのことで頭がいっぱいです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください