shatterproof film5

日本に住んでる以上、無視出来ない「地震」

一応、高さのある家具は極力置かない様にしたし、クロゼットルームのシェルフも突っ張りタイプにしたし、ベッド周辺に上から落ちる物を置かないことにしたし。それなりに考えてはいますが…。住んでから

内窓のガラスになんの対策もしとらんわ! と気がついた。

地震だけじゃなく、うっかり何かをぶつけて割っちゃう可能性も否めない。備えあれば憂い無し。ダメージは少ないに越したことは無いですよね。

shatterproof film10

ということで。飛散防止フィルムを貼ることにしました。

どこの何を買えばいいのか?右も左も分からん状態から色々検索して辿り着いたのは

日本ガラスフィルムセンター

カットしてくれるのは有り難い!と早速注文。貼り方の丁寧な説明書と、4,000円以上の注文で無料になる「施工キット」も同梱されて到着しました。

shatterproof film3

注文したのは以下の6カ所分。
1.寝室のアイアン窓 4枚分
2.クロゼットのアイアン窓 6枚分
3.寝室ドアのガラス 1枚
4.キッチンの内窓 1枚
5.姿見 1枚
6.大きな花瓶 1枚

見積金額は5,960円也。良心的。が、ここで問題発生。1枚0.2平米以下(500mm×400mm程度)以下の小さいサイズは別途カット代が1枚につき300円かかると連絡が。

アイアン窓の1枚は小さいため、全部で10枚分。プラス3,000円とな!8,960円になっちゃう。ぬぬぅ…それは大きい。

仕方ないので横に繋げた状態でカットしてもらい、タテに分割だけ自分でカットすることにしました。そうすれば5,960円のままキープできます!

shatterproof film6

説明書通り、付いてきた施工液を水で希釈して〜。

shatterproof film4

体験談も検索して色々読んだところ、どうやら

ビシャビシャにするのが成功の秘訣らしい ってことで、しっかり養生して〜

shatterproof film7

ここから先はダンナと四苦八苦。小さなホコリや汚れが後々アダになることは言うまでもなく…。ガラスを磨く作業だけでも結構時間がかかって、さらにビシャビシャにするんで、

垂れる水との戦いがハンパ無い。

貼ったあと、フィルムとガラスの間の水や空気をヘラで押し出す作業もチカラがいるし、出しても出しても浮き上がって来る空気に疲労困憊。初日はコレ1枚貼り終わったとこでグッタリ。結構大変だったよね…アレ、疲れるよね…とダンナと話し、

やっぱりプロの方におまかせしちゃいたい

と思って日本ガラスフィルムセンターに問い合わせたけど「スゴく高くなっちゃうんですよね〜。5万円は下らないと思います、それに施工面積が小さいのはお請けしてないんです」と断られました。
ι(´Д`υ)ドヨーン。

shatterproof film1

もうやりたくないよぅ〜。

と愚痴りながら、仕方なく翌週末もまた戦い。少しだけ学習して、水が下に流れない様にビニールを折り曲げて袋状にしてトライ。

shatterproof film9

寝室のドアガラスん時はあんまり気にならない場所だったからヨシとしましたが。寝室アイアン窓は玄関ヨコにあるだけに目立つとこ。もこういう汚れ?キズ?が付いちゃった!

わー失敗したよぅぅぅぅ。

ダンナは「もぅいいじゃん」と言うが。アタシは許せなかった。

shatterproof film8

幸い「練習用」として入ってたフィルムがあったので貼り直しました。今度は上手く行った!…ケドモゥホントにグッタリ。

shatterproof film2

そうして、3日ぐらいに分けて少しづつ。なんとか終わりました!頑張って貼っても見た目的には何も変わらないだけに、

達成感が少ないしメンドクサイこと山のごとし。

もしこれから内窓を付けたいと思ってる方で、地震対策を考えるのであれば、施工中に業者に相談することをおススメします。ウチみたいに予算がキビシい場合は自分で貼るしかないけどねぇ〜(汗