玄関と室内窓

引越す前から

下駄箱の扉の裏に姿見を付けたいなー

と思ってたんですが、どこにどう頼むのか?はたまた自分で付けるのか?工務店の方にお願いできるのか?などなど、ひとつひとつ検討するのに時間がかかり、やっとこさ設置したのは早2ヶ月が経過した頃でございました。

割れない・軽量が魅力だなーと思ってた「フィルムミラー」は歪みが気になって却下。

オーダーより安価なものが多い「市販の姿見」はフレームの厚みが扉裏に収まらないので却下。

激安の「IKEAの鏡」も良かったけど、送料入れるとオーダーとさほど変わらない金額になるので止めた。

アレコレ調べて、結局

フツーのガラスミラーを寸法オーダーすることにしました。

数社に見積りをお願いすると、取付け込みで3万円程度。鏡だけのお値段は、30センチ×120センチで7,000円前後。相場が決まってるのか、金額的にはどこも大差無し。

鏡が到着

大差無いなら、施工セットも一緒に買えるとこがいいなと。

コーワ鏡販売センター でやっと購入!

買った鏡のスペック
28センチ×120センチ/厚さ5ミリ /角磨き仕上げ/飛散防止シール付き で、 税込み6,998円也。

鏡を張る道具

一緒に買った施工セット
ミラー用の両面テープ×12枚/シリコンボンド1本/で、税込み1,296円也。

他店では、このシリコンボンドがもっと大きい上に、専用のコーキングガンという道具が必要と書いてあって。そんな量いらんし2度と使わない道具を買うのがイヤだなーと思って二の足を踏んでたんです。

その後ネットで見つけた「コーワ鏡販売センター」は、「道具のいらない小さいタイプ」がセットになってるのがいいじゃない!と思って、ココに決めました〜。

鏡の取付け方法

取付説明書付きでございます。

木材用のネジと鏡押え

金具は必要か否か?

ウチのサイズだと鏡の重さは約5kg。施工の見積りをした数社どこも「両面テープとボンドで充分。落下しません」と言う。

建築家さんに相談したら「金具付けた方が安心ですよ」と言う…。うーん。どうしよう。考えた末、安心を取って金具も付けることにしました。

んで、同梱のネジは靴箱の扉の厚みを突き抜けそうだったので、扉の厚みより短いネジも東急ハンズで購入。

そしてそして。

扉の耐荷重量が大丈夫なのか!?

という心配もあって、マンションに既存で付いてた下駄箱のメーカーにも問い合わせましたよ…5キロ問題無いです。とのことでひと安心。

こういう細かいコトを調べるのがメンドーなんですよねぇ…
(;´д`)=3

マスキングテープで水平を取る

そんなこんなで、

やっと施工にこぎ着けました。

取り付ける位置を計って、マスキングテープでまっすぐガイドを作って、上下の金具を取り付け。

下駄箱の扉に貼る

両面テープをペタペタと貼りまして。

セメントを絞り出す

シリコンボンドをギュギュっとしぼりまして。

接着剤を塗る

こんな感じに。シリコンボンドは結構固めで絞るのにちょい苦労しました。ボンドの絞り口は大きめにカットした方がよかとです!

下駄箱の扉裏の鏡

下の金具にはめ込んで、慎重に貼付け。上の金具をカチっと押し込んで

完了ー!

ここでひとつ失敗が発覚。
金具に付いてたスポンジの厚みが、両面テープの厚さを上回り…鏡側に付いてないやん!金具のスポンジを少し削っておけば良かったなー。ガッカリ。

でも、シリコンボンドはしっかり密着してくれているし、金具も付けたので、手でゆさぶってもビクともしません。落ちる気配は無さそうなのでヨシとしました。

長い間決めかねてたことが終わってスッキリ!