ルームクリップ10000人の暮らし本のすごいとこ。インテリアのヒントになる1冊

roomclip 10000人の暮らし本の表紙

Roomclipルームクリップ)から「10000人の暮らし」という本が11月16日発売されましたー。
ルームクリップインテリア・ライフスタイルに特化したSNSメディアで。リアルなお家の写真が300万枚以上も投稿されてます。
もちろんアタシも投稿してまして。(uchiblog の部屋
何度かピックアップ記事に取り上げていただいことも。
SNSはインテリアと収納アイデアの宝庫。RoomClip掲載は嬉しい

10000人の暮らし本のすごいところ

ルームクリップさんは今までもムック本を15冊ほど発売しているけれど、10000人の暮らしは初の自社編集・出版本。それはそれは相当の熱量で制作されていて、
今回の本はすごい。

何がすごいかって。

ボリュームがすごい

 

10000人の暮らし本は写真の数がハンパない

roomclip 10000人の暮らし本の中面

10,361人の暮らしぶりが
12,863枚の写真で。
これでもか!ってぐらい掲載されてます。
総ページ数832ページなうえオールカラー。こんなボリューミーなインテリア本てそうそう無いですよね。

 

10000人の暮らし本
読みやすさの工夫

そんなたくさん載せちゃってさ、量が多ければ良いってもんじゃないでしょ?
読みやすさはどうなのよ?
はい、そこはルームクリップさんも考えてます。
roomclip 10000人の暮らし本の厚さ
電話帳かな?(時代!)ってぐらいの厚さを誇り、重さも相当なもんなんだけど
背表紙のないコデックス装で製本されてるので、
どこのページを開いてもフラット!
roomclip 10000人の暮らし本 中面
厚い本にありがちな「中央が丸まって読みにくい!」っていうストレスはございません。

 

目次が細分化されていて探しやすい

12,863枚もの写真をただパラパラをめくって楽しむのもアリですが、目的に沿った写真の探し方ができるのも良いところ。
10000人の暮らし本の目次
目次は142のチャプターに分類されていて
男前、北欧、モノトーン、和風レトロ、カフェ風などインテリアのテイスト毎はもちろん。
リビング、ダイニング、キッチン、バスルームなどの場所別や
収納方法別の「〇〇をどこに収納してる?」や、無印、ニトリ、イケアの人気商品別の「〇〇はどう使ってる?」などなど。
興味のある写真を探しやすい工夫がされてます。
昨今のインテリア・収納のトレンドも丸わかりですネ。

 

気になった写真はWEBで大きく見れる

各写真の下にはユーザーネームと番号が記載されていて、気になった写真はルームクリップのアプリやサイトで検索すれば大きな画像で見られます。
roomclip 10000人の暮らし本の中面
さらに写真を投稿したユーザーさんのコメントを読むことも可能だし、気になる家具の詳細をユーザーさんに尋ねることだって出来るんですよね。
元々SNSに投稿された写真を印刷してるから当然といえば当然だけど。
紙とWEBとユーザーが繋がってるのも大きな特徴ですネ。
しかし、12,863枚もの写真に小さな文字でのキャプションをつけるって…デザインや印刷に携わる同業者のアタシとしては「校正チェックが大変だったろうなー!」という感想しかない(汗)脱帽です。
roomclip 10000人の暮らし本の表紙のアップ
余談ですが、表紙には掲載されたユーザーさんのアカウント名が印刷されてるんですって!愛を感じましたわ。
アタシの写真も名前も掲載されてるはずなんですが、いまだに見つけられてません(汗)ハズキルーペぇぇぇぇ。

 

写真だけじゃない。読みものや大物インタビュー記事も。

10000人の暮らし本 特集ページ
基本的にはインテリア写真集ですが、RoomClip ユーザー300万人のリアルやRoomClip的トレンドキーワード辞典、
編集者であり写真家の都築響一さんとルームクリップ代表の対談。ニトリ代表の似鳥 昭雄さん、建築家の隈研吾さんへのインタビュー記事も掲載されてます。
ルームクリップ10000人の暮らしの表紙
そんな情報量とルームクリップさんの愛が詰まった10000人の暮らし。
写真が小さすぎて見にくい!って言う意見もある様ですが(うん確かに)。ひと目でたくさんの写真が眺められるのは紙ならではかなと。
これからの暮らし方のヒントになる一冊かもよ?
絶賛発売中です。

かなり重いのでネットで購入することをオススメします。

[あわせてどうぞ]

ルームクリップの本「大人のナチュラルインテリア」にちょろっと掲載。

ルームクリップマグに掲載♪イベントで楽天ポイントも!

SNSはインテリアと収納アイデアの宝庫。RoomClip掲載は嬉しい

2 Comments

ひまわり

これ出版されたのを見て、
「あんまり見ると欲しくなっちゃうから見なかったことに」
って思ってたのに、TSUNさんとこで大々的にw

欲しいー
TSUNさん、紹介上手すぎるよう
またよりによって私が好きそうなページ開かないでー

隈研吾さんのインタビューかぁ
うちの旦那が独身時代に住んでたとこの区役所の設計が確か隈研吾さんだったはず
…今調べました、間違いないです
景観になじんでるし、面白いんですよ区役所の外観

隈さんは置いといて(ここまで言っといて置く)、部屋の写真見るの大好きなんでやっぱ買っちゃうかも
なんで他人のお部屋って見るだけで楽しいかなぁ

返信する
TSUN

ひまわりさん こんにちは〜♪
あっ。見ない様にしてた?ごめんなさーいw
紹介もなにも。思ったことをただツラツラと書き連ねちゃったんだけど。
隈研吾さんの建築。代表作は特に特徴ありますよね。近代的なんだけど木材の温かみがあって、斬新なんだけどどこか懐かしい和風建築の佇まいも感じる様な。区役所も積み重ね系の見た目なのかな?

隈研吾さんは置いといて(アタシも同じくw)
人のお部屋見るの、楽しいですよね!わかる!アタシもそう!
10000人のお部屋が見れますよ〜(悪魔の囁き)でも、かなり重いし嵩張りますよ〜w。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください