LED照明の省エネ率にビックリ【あかり未来計画】にわが家が掲載されました

ダイニング ペンダントライト

3月上旬のこと。
リノベーションで照明をLEDに替えて素敵なお住まいを実現していらっしゃる個人宅の実例紹介を企画しております。ぜひご協力いただきたく。
と取材依頼のメールが!
素敵なお住まいだなんて〜そんなぁ〜ウチでいいんですかぁ〜?そうですかぁ?と木に登りました。w
そして3月末。その記事がUPされました。
環境省 あかり未来計画
というサイトのこの記事です
参考 LED照明の上手な取り入れ方と実際の省エネ度をリサーチ環境省 あかり未来計画
環境省が展開している、温暖化対策のためのCO2削減の国民運動 COOLCHOICEキャンペーン 
その活動のひとつ「あかり未来計画」サイトは あかりを知って、エコで快適な暮らしを というサブタイトルの通り、節電と省エネになるLED照明の普及を目的とした情報サイトだそうです。

LEDの節電効果はすごかった

リビング シーリングライト スポットライト
今さら説明するまでもないですが
・消費電力が少ない
・寿命が長い
と言うのがLED最大のメリットですよね。ウチもリノベのとき、替えられるところはLEDにしよう!と決めてました。
玄関 照明 ブラケット
ただ、消費電力が少ない事は知ってたけど、具体的にどれぐらい違うもんなのか?は調べた事が無く。
今回の取材で、ウチは
65%も省エネ!
と知ってビックリ。
単純計算で電気代65%OFFってことですよね?
電気料金計算サイト に数値を入れて計算してみました。
電気代 比較
※1kWhあたり23円として1日8時間/30日間使った場合
※電気料金は契約内容・季節・時間帯によって変動するので実際とは異なります。
以前はLEDライトって本体が高いイメージがあったけど、ここ数年はグッとお手頃価格になったし。
これだけ電気代が節約できるなら、多少LEDシーリングライトの本体が高くても断然おトクですね。
というか…
最近の白熱灯シーリングっていくらぐらい?と思って検索してみたらLEDしかヒットせず…白熱灯シーリングを探す方が大変かも(汗)
リビング 明かり ライト
寿命が長い。つまり
10年くらい取替える必要が無い!というのも嬉しい。
賃貸時代は白熱灯だったので電球が切れるたび、
わ!ストック無かった!明日まで暗いままか…とか、どの電球買えば良いんだっけ?(大体忘れてる)とか、天井のシーリングだと脚立をだす手間がかかったりとか。とにかく めんどくさー と思ってました。

LED電球のデメリットは色と広がり?

思いつくデメリットと言えば、
光の広がりが狭いことでしょうか。
ライトの直下は明るいけど部屋の端の方まで明かりが届かないという問題も。
これからリノベで広いお部屋を予定してる方は、その辺りを考慮しながらライトの取付け位置や数を計画されるのをおススメします。
ウチの場合もしかりでしたが、リビングにシーリングライト2つ。壁際にスポットライトを付けて正解!暗さは感じず済んでます。
詳しくはコチラ。
キッチン リノベ LED
ウチがリノベした時はまだ色の種類も少なくて。
オレンジ色の電球色 か、青白い昼光色 がほとんどでした。
先日建築家さんとお話ししたら
最近は昼白色や温白色もすごく増えたんですよ!とのこと。
LEDも日々進歩してるんですね。今後もどんどん色のバリエーションは増えて行くんじゃないかしら。今からLEDに替える方が羨ましい〜。

今はもはやLEDにしてる人が大半だろうと思うけれど。LEDの節電効果は凄いので、取り入れない手は無いですネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください