夜の室内

いつぞやに撮った夜のお部屋写真でこんばんは。
今年は3連休が2回離ればなれで、まとまった長期休暇は取りにくいシルバーウィークなんだけど。
アタシは15日から遅い夏休みを頂きまして夢の国やら温泉やら行ってきましたYO♪
ってことで、しばらくぶりの更新となりましたがお元気でしたか?
お休みで時間ができたんで。
やらなきゃやらなきゃと思ってた
電気とガス料金の見直し
をしました!

ちょっと長くなりますが。

電力会社はいっぱいあるし複雑だし、どこにしたらわからん!
という方のお役に立てたら此れ幸い。

電気とガス代を節約したい

賢い方はとっくのとうに見直されてるであろう電気代とガス代。
2016年4月から電気の自由化がスタートし、翌年2017年4月からはガスも自由化!
あれよあれよと月日は流れますがアタシは全然見直しできてませんでした。
だってめんどくさいから。
夜のリビング
比較サイトは山の様にあるし、比較に必要な電気とガスの月々の使用量なんてパっと思い浮かばないし。
テキトーな数字を入れたところで出てくるおトク額は絵に描いた餅。
でも毎月の光熱費が安くなるならやらない手はないよなーと、やっとこさ重い腰をあげまして。
毎月ポストに届く電気とガスの使用量のお知らせを12ヶ月分ひっぱりだしてキッチリ比較してみましたよっと。

電気とガスの比較サイトの選び方




まず、電気料金の比較サイトに同じ情報を入力しても出てくる節約額が全然違うという謎にぶち当たりました。
結果がどれも違う!

金額もぜんぜん違う!
KONRAN!

そんな経験ないスか?
アタシはそうだったんだけど。
もっと安いプランがあるんじゃないかと疑心暗鬼になってどれも信じられな〜い。

そんな状態に陥りました。

それもそのはず、
比較サイトによって登録してる電力会社の数が違うんですネ。
できるだけ多くの電力会社を比較したいとなれば国内最大級の比較サイトを使った方が良いのは言わずもがな。
しかもしばらく更新されてないサイトも混在してる様で、古いプランが出てくる比較サイトもありましたんで。
・登録社数が多い

・更新頻度が高い
・1年分の使用量で比較できる

っていうサイトを利用するのが◎です!

電気とガスのおすすめ比較サイト

以上を加味した上で。おススメなのは下記の3サイトです
あっちこっち試してみたアタシの結論から言うと
この3サイトで充分です。
ちなみに入力項目に名前、メールアドレス、電話番号を入れなくちゃならん比較サイトは省きました。だって比較だけなら個人情報いらんでしょ?

エネチェンジ

エネチェンジトップ画面
出典:エネチェンジ

89社から比較出来ます
(2018月9月現在)
電気とガスの比較サイトでは国内最大級の最大手。
アタシが一番わかりやすくて便利だったのはエネチェンジでした。
キャンペーンや特典の金額内訳が一目瞭然で親切設計。
解約金や違約金なし、加入条件なし、Tポイントや楽天ポイント付与などの条件を右側のチェックボックスで変更でき瞬時に順位に反映されます。
超便利!
○サポート充実。
電話やメールで無料相談できる
○エネチェンジだけの限定特典がある
○良くも悪くも入会特典やキャンペーンやポイントがたくさんあって迷う→条件のチェックを入れたりはずしたりしながら比較してみて!
他にないサービスとして
節約保証つきの
おまかせでんき切り替え
があります。
最安とはいかないまでも今よりお安くなるプランを提案してくれ、万が一高くなった場合はエネチェンジが差額を支払ってくれるシステム。
たくさんあり過ぎて選べない&損をしたくない方は丸っとおまかせしちゃうのもアリですね。
できるだけ時間をかけずにサクっと結論を出したい方におすすめ!

価格コム

価格コム電気比較トップ画面
出典:価格.com電気・ガス料金

74社から比較出来ます
(2018月9月現在)
言わずもがなの最大手。
価格コムらしい特徴は口コミが掲載されてること。
気になる電力会社の口コミを絞り込んで読むこともできますわ。実際契約した人の年間節約額もみれます。
節約額の料金詳細が一目瞭然なのはエネチェンジと同じで良いところだけど、条件検索の項目が少ないのが残念。ポイントなどの条件はいちいち入力画面を開き直す必要あり。
○1年目だけでなく、2年、5年の節約額も選べるのは◎
○価格.com だけの限定特典がある
○問い合わせ先はパッと見つからない
とにかく口コミを重視したい人におすすめ!

新電力比較サイト

新電力比較サイトトップ画面
出典:新電力比較サイト

145社から比較出来ます
(2018月9月現在)
ものすごくシンプルな比較サイト。
掲載数が圧倒的に多いので他では出て来ないプランも見つかる可能性が。
入会特典やキャンペーンやポイントなどは加味していないので単純に電気料金のみの比較ができます。
ただしオール電化には対応していないとのことで、このサイトではオール電化のご家庭はエネチェンジでの比較をお勧めしています。
できるだけ多くの電力会社を比較したい人におすすめ!
サイトはこちら
新電力比較サイト
3サイトで出てくる結果が違うこともあるんだけど、その違いの多くは取り扱ってる電力会社数と特典やキャンペーン割引の違い。
検索条件を電気料金のみで揃えるとほぼ同じ結果が出てきましたんで、
この3サイトで契約するべきプランは十分検討できるはず!
比較サイトを多用すると混乱していくばかりで時間のムダです!→経験者
では実際に比較してみましょうかー。

比較サイトの正しい使い方




比較サイトがわかったとこで、入力を間違えるとリスキーですよね。

正しい結果を導くポイントは以下の通り。

料金ではなく使用量を入力する

電気の使用量なんて普段はピンと来ないものですが、比較には電気代ではなく電気の使用量(kWh)を入力しましょう
電気代だと現在のプランの夜間割引や口座振込割引などの余計な値引きが影響してしまい、誤差が大きくなりがち。正しい比較ができない可能性が。
電気料金比較サイトの電気使用量入力欄

12ヶ月分の使用量を入力した方がベター

1ヶ月分だけの入力でも比較できるけど毎月の使用量ってお家によって全然違うもの。
キチンと比較したければ直近12ヶ月分の電気使用量を全部入力した方が良いですわ。
例えばウチは冬の暖房はエアコンじゃなくガス床暖房オンリーなので、全国平均の電気使用量じゃ大きく差が出ちゃう。
もし使用量のお知らせを捨てちゃった!1年分なんて手元にない!という方は、現在契約されてる電力会社のサイトで確認できるかも。
例えば東京電力ならWEBサービスで電気使用量が確認できます。

使用量・料金をWebで確認したい(東京電力のサイトへ)

オフィシャルサイトで確認を

比較サイトで乗り換えたい電力会社を数社に絞ったらオフィシャルサイトの料金シミュレーションでもチェックしてみましょう。
節約金額が大きく違うとショックなので念のためね。

1年目のキャンペーンに注意

どこの電力会社も顧客獲得のために1年目はキャンペーン値引きを大奮発してるんでインパクトのある節約額が出てきます。
たとえば、ウチの契約条件や使用量だとだいたいエルピオでんきが一番安かったんだけど、料金詳細を開いてみたら
エルピオの節約金額画面

出典:価格.com電気・ガス料金

17,517円節約のうち7,500円はキャンペーン値引きでした。しかも11ヶ月間継続契約が条件。
新電力比較サイトの結果には、この7,500円のキャンペーン分が含まれないので、10,017円と表示されてました。
各比較サイトで出てくる金額の違いはこういうことですネ。
エルピオでんきは2年目でも1万円ほどお安くなるんで大変ありがたいことですが。
電力会社のプランによっては
2年目以降に高くなるパターンも無きにしも非ずということ。
毎年見直される方は良いけど、毎年なんてメンドクサイ!って方はキャンペーン割引の金額チェックをお忘れなく。

ガス料金の見直しは?

電気ばかりの話になっちゃったけど。

ガス料金はどうなのよ?

例えば、ウチの条件で入力するとガス代はどこで比較してもレモンガスが最安で。
レモンガスにしようかな〜と思い始めてたとき、ふと2年目は?と条件を変えたら
価格コムでの比較画面
2年間の比較だと東京ガスが最安に。
レモンガスだと今より割高だったわ!ってことでウチは東京ガス継続です。

結果ウチが乗り換えたのは

そんなこんなで。
ウチは東京ガスの電気に乗り換えました。

→結局アタシは保守的なのね。

最安ではないんだけどガス代は東京ガスが最安なことがわかったし、セット割の意味もあるってもんで。
・解約金・違約金なし

・Tポイント/楽天ポイント付与
・クックパッドランキング検索
・生活まわり駆けつけサービス

と言う付加サービスも決め手に。
クックパッドのランキング検索が無料なのも何気にポイント高し。
今入ってるプレミアム会員やめれば年間3,600円がタダ。これ意外と大きい!
→正確には東京ガスのアプリ内で使用できるクックパッドページで電気とガスの合計が2,000円以上で利用可能です。

出典:東京ガス

東京ガスのオフィシャルサイトでシミュレーションすると初年度は年間8000円ほどお安くなる模様。
2年目はキャンペーンが無くなりますが、ポイント含め5,000円ぐらいおトクになる見込みでございます。
ちなみにエネチェンジから申し込みました。

困った時はサポートあるしネ。

長々読んでいただきありがとうございます!お役に立てたら何よりです〜。
[あわせてどうぞ]

災害時の停電対策。明るいLEDランタン・ルーミナーを家の中で使ってみた

楽天スーパーセールでポチったもの。おススメは断然コレ!

家を買う貯金計画には家計簿ソフト【マネーフォワード】が便利でした。