DIY!100均アルファベットで作る壁掛けオブジェ。作り方や失敗談など

100均アイテムで作ったオブジェ

100均のアルファベットで壁掛けオブジェをDIY

100均のアルファベットオブジェを使って制作中だったオブジェが
無事完成したことをここにお知らせします。
リビングに飾ったアルファベットオブジェ

作り方

色を少し薄くしたくて

ミルクペイントをうっすら塗ったり
▶︎DIY!100均アルファベットオブジェにミルクペイントを薄く塗るの巻

ダイソーのタッカーで繋げるのに失敗したりもしましたが。

▶︎DIY!ダイソータッカーvsシルクのアルファベットオブジェで失敗の嵐

木工用ボンド
基本的には100円ショップで買ったアルファベットオブジェに
圧倒的な商品力を誇る、黄色いパッケージでお馴染みの木工用ボンドを。
木工用ボンドを塗ってるところ
塗り塗りして、ギュっと圧着して数日放置すれば。
自作アルファベットオブジェ
\完成ー/
いやっほぅ!
と、喜んだ先週。

実は飾る場所を熟考してる時に手を滑らせて落とし、数カ所バラバラに…。

泣きながらボンドで付け直しつつ。
超強力両面テープ スコッチ
二度と壊してなるまいと

念のためスコッチの超強力テープで補強もしました。

超強力両面テープにマスキングテープを貼る
作りたい方(居るのか?)

補強しておきたい方(ホントに居る?)
さらに手元に両面テープしか無いわ!(そんな輩はアタシだけ)という方の為にご説明しますと。

両面テープの片面は必要ないので

マスキングテープを貼ってカットし

強力テープを貼ったところ
接着部分にペタペタ貼りました。
テープは保険の様なもので、木工用ボンドだけで十分と思う。
…落とさなければ。
で、壁に飾るため三角吊金具をつけたところ、ちょっとメリっと割れるというトラブルにも見舞われましたが(涙)
避けた部分にもボンドを塗り込んでおきました。
木工用ボンドは神!
にしても…タッカーが効かなかったり、ネジが付けにくかったり、MDF素材の扱いにくさを痛感したわ。
そんなこんなの困難を乗り越え。
ようやく完成したオブジェ。
白いキャンドゥ産と茶色いシルク産の厚みの違いにより、程よく陰影と立体感が出て
わりと気に入ってます♪
…っていうか

コレどう言う意味?

と思う方もいるかしら?
単語にしても良かったんだけど
HELLO!とか

MY HOME とか
HAPPY LIFEとか…(例えばの話ね)
アラフィフ中年夫婦のインテリアにはちょっとイタイ気がするし。

気の効いた単語は?と考え始めると答えが出せずだったんで。
アルファベットのカタチのバランスだけで組みました。
リビング全体
以前Stendig Calendarを飾ってたリビングの壁に飾ろうと思って作ったオブジェ。
ブルーの壁に飾ったオブジェ
出来上がってみたら、ブルーのアクセントウォールの方が色が映えるし
白い壁に飾ったところ
違う場所の方がサイズのバランス感も良かった…。
オブジェを壁に掛けたところ
けど、ブルーの壁はこんな事情で壁紙+壁紙+ペンキと3重に塗り重ねているので、穴をあけたら修復が難しそうだし、無印の長押しを移動するのもメンドーなので、
当初の予定通り、

リビングの壁に飾りました。

ちょっとバランス悪かったかな…(汗)
もしチャレンジされる場合は、アタシの失敗を繰り返さない様に〜飾る場所のバランスをお考え下さいませ。
重さを量ってる写真
ちなみに全部で21個のアルファベットをボンドでくっつけたオブジェの重さは758gでした。ご参考までに〜。
[合わせてどうぞ]

★DIY!ダイソータッカーvsシルクのアルファベットオブジェで失敗の嵐

★DIY!100均アルファベットオブジェにミルクペイントを薄く塗るの巻

★セリアのアイアンバーとマグネットで洗濯機にシンプルなタオル掛けが♪

2 Comments

ひまわり

おお…出来てる
バランスいいですねー、私にはこういうセンスが皆無なので羨ましい
MDF素材がDIYに向いてないこともよおく分かりました
いかにも向いてそうなビジュアルなのにねー、思ったより硬い素材なんですね

で、これ言っちゃいけないと思うんだけど、やっぱブルーの壁の前のほうが合ってる…
でも壁の「こんな事情」もよく把握しているので何か挿すのがイヤなのも、把握
絶対落としたくないからきちんと固定したいし、難しいですね

返信する
TSUN

ひまわりさん こんばんは〜♪
はいー!MDF素材にはちょいちょい泣かされましたが…完成しましたよぅーw。なかなか気に入ってます♪(・∀・)

で…あっ…それ言っちゃう?(笑)ブルーの方が映えますよね。うん。アタシもそう思う…。
そうそう。何か飾りたい気持ちは山々なんだけど。白い壁と違って補修するときの色合わせが大変そうな気がして、なかなか勇気が出せずでございます。
いずれまた塗り替えれば良い事なんですけどねー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください