羽目板

羽目板の白塗装にチャレンジ。

特に西海岸好きってワケじゃないんですが、ロンハーマンのショップの雰囲気が結構好きで。いつの日かリノベーションする時は、

あの白い羽目板はどこかに取り入れたいなーってずっと思ってたんですよね。

で…今回もまた人件費カットのため、自分で塗ることに…。

建築家さんが用意してくれたのは、杉の無垢材。ニッシンイクスのパネリングだそうで。

羽目板の壁とアイアン窓

塗る前の羽目板。

工務店の社長さんが「これすごく良いねー!」と言ってました。ダンナも気に入った模様。でも…

白く塗装するの?このままでも良くね?と少し残念そう…

男性陣は自然な木の色が好みなのかも?(; ̄ー ̄)

ペンキを塗る前の養生

一瞬心が揺らぎましたが。いや!前から決めてたことだもん!塗るよ!!

しっかり養生して〜

ウエスとサンドペーパー

サンドペーパーで表面をなめらかに整えて、木屑をウエスで拭き取ります。

タヤエクステリア

建築家さんが選んでくれた塗料はコチラ。
下地は水性ステイン。上からタヤエクステリア(リボスのオイル?)という塗料を塗るそうです。

試し塗り

仕上がりのイメージをテスト。塗ったあとに拭き取ったりして、白の濃さを検証。結果「拭き取らないぐらいの色乗り方が好みかも」ってことになりました。

下地を塗り終わったところ

水性ステインを塗り終わったところ。白ベースだったので、多少白くなりましたネ。

水性ステインを塗った

水性ステインのみのアップはこんな感じ。実は水性ステインがひとつじゃ足りなくて急遽追加購入。続きは翌日に持ち越しになりました。

リノベ工事中の玄関

そして翌日、前日塗れなかった面にも水性ステインを塗って、数時間乾かし、上からリボスを塗り終わったところ。

羽目板を白くペイント

色は良いけど

ちょっとツヤが…気になる?かも??

建築家さんも「もう少しエイジング加工っぽい方が良いんですよね?ちょっとキレイ過ぎちゃったかな?」と言う。確かに。どうしましょうね?と相談したら

上からサンドペーパーで少し削りましょうか?

と言うことになりまして。

白い羽目板が完成

工務店さんが「ウチがやっておきますよ」と言ってくれたんだけど、スケジュールが合わなくて立ち会えない。仕上がりを見ながら調整したいなーと思ったんで。

自分でやってみます

あー言っちゃったー(汗

上の写真が、サンドペーパーで削ったところ。なんと、コレはダンナが頑張ってくれました!→楽しかったらしい。w

工務店さんから「100番/180番/240番 の3種類ぐらいで試すのが良いと思いますよ」って言われてたんだけども…スケジュールがギューギューで東急ハンズやホームセンターに買いに行く時間が取れず。ネットで一番近い番号のセットをポチりました。

よって、60番/120番/240番のサンドペーパーセットでトライ。240だとあんまり変化無く、60番だと削り過ぎ感。この3種の中では、120番が一番良かった。

エイジング加工

ツヤ感は無くなりました〜♪ もうちょっと削ってもいいかな〜って思ったけど、行き過ぎて失敗するのもコワイし。今はコレでヨシとします!

また時期を見て削ってもイイしネ。( ̄▽ ̄)