インテリアにオススメな日持ちが良くて強いグリーン

ダイニング

ダイニング写真でこんばんは!
相変わらず変わりばえのないウチのダイニング。そしてテーブルの上のグリーンもここ最近ずーーーっと同じものが鎮座し続けてます。
ダイニングテーブルの上のインテリアグリーン
その名もマルバルスカス!

言いにくい!

ごはんを食べる時はもちろん、ブログ用に写真を撮る時もちょいちょい写り込み、毎日の生活にちょっとした彩りを与えてくれた大活躍の葉物。
このブログでも度々触れてきましたが、マルバスルカスはとっても強い子で。
なんと1年と3ヶ月も経過しました。
切り枝でこんなに長くもつなんて凄くないスか?
マルバスルカスの価格
出会いは2017年4月。
日持ちの良い強いグリーンです。
というお店のウリ言葉に偽りなし!
1本162円でコスパも最高。
ドウダンツツジやユーカリほどの人気はないし、どちらかと言えば花束やアレンジメントに使われることが多い名脇役なんですが。
アジサイと丸バルスカス
実はアタシもこんな長く持つとは全然知らなくて。

昨年、アジサイだけじゃ寂しいかなーと、たまたま手に取った葉っぱがマルバルスカスでしたの。

切り花はどんなに長くても1週間程度しかもたないし、長持すると人気の枝物でも数ヶ月のところ、
マルバルスカス 長持ち
マルバルスカスは2〜3日に一度お水を変えるだけというお手軽さで、なおかつ安くて、1年以上活躍してくれるなんて本当にビックリ。
インテリアに生きたグリーンを置きたいけど鉢はお手入れが面倒って方や、お花より緑が好きって方、テーブルにちょっとグリーンを飾りたいな〜と思ってる方には最適なんじゃないかと思いますー。
枯れたマルバルスカス
さて、そんな強さを見せつけてきた我が家のマルバルスカスですが。
少しづつ色が薄くなりながらも先月まではまだまだ見るに耐えていたけれど
流石に枯れてきました。
1年経ったマルバルスカス
そろそろ潮時ですかね〜。
マルバルスカスの葉の裏
何度も新しいグリーンに変えたいと思いつつ、

葉の裏に咲くというお花の芽が微妙に伸びてるところもあって、

マルバルスカスの花の芽
1年以上貢献してくれたから愛着も湧いちゃって
なんだか捨てられない
けど、ドライフラワーはあまり好きじゃないし。意を決して近々手放そうと思ってます。
またコレ買っちゃったりしてw。
マルバルスカス。

超オススメ!

[あわせてどうぞ]

驚くほど長持ち!インテリアに最適なグリーンリーフ。マルバルスカス

剪定したフィカスのその後。フィカスは初心者にもマジ育てやすい

リビングも新緑の季節♪室内でも丈夫で育てやすい観葉植物2つ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください