ベランダ 掃除

モーレツな暑さが続いてますね〜。
ちょっと前から
ベランダの床が汚れ始めたのが気になってて。
「今日はすぐ乾きそうだな!」と思い立ち、
朝早くから本格的にベランダの掃除を始めたアタシ。
ほどなくしてダンナが
「行ってくるね〜暑いからほどほどにね〜」と
笑顔で出勤。
20分ぐらい掃除しただけで、
もぅすっごい汗だく。
ほぼほぼキレイになったし、
一旦部屋に入ろうと窓に手を掛けたら
開かない。
えっと…。これはもしや…。
ベランダに閉じ込められた!?
犯人はダンナだ。
あの野郎ー!(汚い言葉でスミマセン)
またやらかしてくれたわっ!
→実は前科持ち
うーんと。
こういう場合、どうしたら良いのか?
事態の大きさを把握するまでにちょっと時間がかかりました。
スマホが無いので。
外部と連絡が一切取れない。
あれ?もしかしてアタシ、
ダンナが帰ってくるまでココに居ないといけないの?!
これはヤバい。
猛暑 だし。
助けを求めるしか無いと気づき、
恥を忍んで
すみませーん!誰かいませんかー!!!
と、大声を出してみるも、見渡す範囲に人の気配はナシ。
道路に面していないので人も通らないのよね…。
お隣さんを覗き込んだら、
洗濯物と布団が干してあって、
きっと居る!
非常時には蹴破る様になってる戸境壁をドンドン叩きながら「すみませーん。いらっしゃいますかー」と根気よく続けてたら
奥様が気づいてくれた!!
助かった〜。
事情を話して管理人さんに話してもらい。セキュリティ会社に出勤頂いて、無事救出してもらいました。。
サラっと書いてますが、
カギがかかってる事に気づいてから助かるまで、
おおよそ1時間ぐらい。
セキュリティを待ってる間、
奥さんが「お水いりますか?大丈夫ですか?」と何度も声を掛けてくれたり、塩あめくれたりしたから、体調も問題なく、気持ちも落ち着いていられたけど、
誰にも気づかれなかったら 
マジでシャレにならない。
部屋に入ってすぐさま、
ダンナに怒り電話。
え?なに?
なに?じゃない!
初めは分からない様子だったけど、はっ!と気付いてからは電話の向こうで固まり続けるダンナ。
とにかく!お隣さんにお詫びに行くからね!
手みやげかって帰って来てよね!
千疋屋 ロールケーキ
ダンナも相当慌てた様で。
会社を早退して伊勢丹に寄り、手みやげを購入して夕方5時過ぎに帰って来た。
2人でお隣へお詫びに。

本当に居て頂いて助かりました!

たまたま今日は休みだったんですよ〜本当に良かったですね〜。と。

あぁ…ホントにホントに
ありがとうございます!
お隣の奥さんとは、リノベ中に何度か世間話ししたことがあって。本当に穏やかで優しい感じの奥さんで。そういう人がお隣さんで本当に良かった!
千疋屋 ゼリー
アタシへのお詫びは千疋屋のロールケーキとフルーツゼリー。
夕飯も作ってくれ、片付けも全部やってくれました。
大反省してる模様。→当然です!
再発防止策を考えないと。
もぅボクはカギをいじらない!と言ってました(汗
P8048184
ゴホウビブログの方をら読んで頂いている方は薄々お気づきかと思いますが。
ウチのダンナ、ちょい天然で。カギを掛けたのも完全に無意識。
そりゃそうか。
意識的だったら離婚だ。
ちなみに前科は15年以上前。
アタシより先に帰宅して、
玄関のチェーン掛けて爆睡したのよね。
→その時は実家の近くだったので、実家に泊まりました。
それ以来、アタシの方が帰宅が遅い日は、何度もチェーンを確認するそう。
今後は窓のカギも何度もチェックしないとね!
「ベランダ閉じ込め」で検索すると、小さなお子様がカギを閉めてしまうパターンは結構ある様ですね。
ウチは大人しか居ないのに…
アフォな同居人が居ると大変です。
みなさんもお気をつけて。