無垢のダイニングテーブル

このブログを読んで下さってる方には、いい加減見飽きただろう我が家のダイニング。

ソファーセットはアクタス

ダイニングテーブルはBRUNCHという目黒の家具屋さんで買ったもの。

中古マンションをリノベして、

新居にワクワクしながら家具選びをしてた時、

テーブルは無垢!絶対!

と鼻息荒く買ったタモの無垢材
オイル仕上げです。

BRUNCHで購入したダイニングテーブル

食事中にボロボロこぼして
チョー染みができちゃって
お手入れしたのは9ヶ月前のこと。

 

前回の汚れっぷりはこちらからどうぞ。無垢テーブルのお手入れにオレンジオイルを使ってみました。

 

そしてまた…

やっちゃったー(涙)

無垢テーブルにシミ汚れはつきもの

気をつけてたつもりだけど、そりゃあ毎日ここでご飯を食べてるワケで。

汚れを気にしてクロスで全面覆い隠したら無垢材選んだ意味無いしなーと思って、食事中は配膳部分だけマットを敷いてはいるけど、全く汚さないでいるなんてムリだと思うの…。

手元が危うい中年ゆえ、わちゃ!っとやっちまいました。

無垢テーブルの汚れ

炒め物を箸から豪快にこぼしました…。

油です。

油のシミです。
ティッシュでふき取ったものの、また前回と同じくオイルで拭けばなんとかなるかなと思いつつ、2ヶ月が経過。

食事する度、気になる。
なんで早くやらない!?自分!今までで一番濃くて気になるシミになってしまいました。

タモの無垢テーブル 汚れ

いつもダンナが座ってる方にもチラチラとシミが見受けられますが。前回よりは前々マシ。

木部専用クリーナーでお手入れ

ということで。
BRUNCHさんでも使ってる木部の専用クリーナー。

HOWORD ORANGE OIL

ハワードオレンジオイルでお手入れします!

 
BRUNCHの店員さんに「オイル仕上げは汚れたら紙ヤスリで削ればキレイになりますよー」とも教えて貰ったけど、なるべく手間を掛けずに落ちるならそれに越したことは無いですよね。

HOWARD Orange Oil ハワードのオレンジオイル

ハワードオレンジオイルとは

天然のオレンジオイルとミネラルオイルを配合した木部専用クリーナー。天然のオレンジに含まれるDリモネンの成分が汚れを取り除きます。比較的粘度が低いため浸透しやすく塗装面や生地の乾燥を防ぐ効果もあり、あらゆる木部、塗装面に使用できます。

 

 

使用方法

布にしみ込ませて、塗り広げながら拭くだけ。

(アタシはキッチンペーパー使用ですが)

結構思いきっても大丈夫。
乾燥してることもあって、塗っても塗ってもあまり油っぽくならなかったです。

無垢テーブルをオイルでお手入れしたあと

テーブルの表面にツヤが出るぐらい塗ったら乾いた布でふき取ります。(アタシはキッチンペーパー使用ですが→くどい)

ベタつきが無くなるまで乾かして終了〜。

一晩乾かした方が良いそうなので

寝る前にお手入れするのがベストかな。
 

シミ汚れは落ちた?

さて結果は如何に!

無垢テーブルの汚れ

BEFORE
こちらお手入れ前。

無垢テーブルの汚れ落とし AFTER

AFTER
そしてお手入れ後。

 
かなり薄くなった。

完全とは言い切れないけど。薄くなったよ!

タモの無垢テーブル 汚れ
BEFORE

ダンナの席の細かい汚れは

AFTER
すっかりキレイになりました♪

 
やっぱり軽度の汚れやシミなら、ハワードオレンジオイルで充分落ちると思う。

無垢テーブルのお手入れ

遠目から見たら分からないし。

 
今度からは濃いめのシミをつけちゃったら直ちにハワードオレンジオイルで拭こうと思います!

もしサボってめっちゃ汚れたら、
紙ヤスリで削るお手入れにもチャレンジしたいと思います。

あわせてどうぞ
無垢テーブルのお手入れにオレンジオイルを使ってみました。