台風一過@東京

すごい暴風が吹き荒れた昨晩。

皆さんの地域は大丈夫でしたかー?

twitterのタイムラインは「すごい風の音で眠れない」だの「家が揺れてる」だの
リアルタイムなつぶやきに「自分だけじゃない!」と大変で心強く。
ネットの有難さが身に沁みましたわ。
昨日は来たる大型台風に備えて、
ベランダの物を玄関に退避させたり
停電に備えてお風呂に水をはったり
水、バナナ、りんご(ゴリラか?)を買い足しましたが。
ウチは特に被害もなく無事でございます。
耳栓をして23時にベッドに潜り込むも緊張で眠れずだったけど、

耳栓のおかげで暴風の音は半減!

ビバ耳栓!

耳栓めっちゃオススメ!

台風が過ぎ去った嬉しさのあまり余計な前置きが長くなってすいません。
本日は尚文さんのお部屋レポです。

尚文  離れ露天風呂付き客室レポ

尚文さんの客室は母屋の7部屋と2014年に新設された離れの4部屋、合計11部屋あって。
母屋の標準客室以外は露天風呂付き。
尚文の客室 かいどう入り口
今回予約したのは「離れの露天風呂付き客室」でアサインされたのは「かいどう」というお部屋でした。
少し奥まった造りの玄関にはベンチまで設えてあっていい感じ。
ほんの少しでも入り口が奥まるだけで期待が高まります!こういうアプローチは大事と思う。
尚文の離れ 露天風呂付き客室の玄関
玄関を入ったところ。
格子の引き戸っていうのも良いですわ。
当然ですが鍵はオートロックではございません。
尚文の離れ 露天風呂付き客室の廊下
玄関とお部屋の間にも格子の引き戸が。冬はこの1枚の戸ががあるかないかで気温がだいぶ違うんだろね。
尚文の離れ 露天風呂付き客室のお部屋の様子
さてお部屋へ進みますよー。
玄関前の廊下を進むと左にトイレと洗面所。突き当たりのドアの向こうは半露天風呂です。

→次回レポします。

右側にチラリと写るソファーがあるのがリビング。
尚文の離れ 露天風呂付き客室のお部屋
ゆったりソファーとカフェテーブル。
テーブルの上にはタブレットとおまんじゅうが。
タブレットには尚文さんのサイトが表示されてました。wi-fiも完備です!
が!鍵は一部屋に1つ。

2人で一緒にお風呂に出かけたらラウンジ辺りで待ちあわせが必要です。

尚文の離れ 露天風呂付き客室のお部屋
ソファーに座った眺め。
テレビ、電話、冷蔵庫やお茶セットが過不足無く。

→冷蔵庫の中には無料のミネラルウォーターが2本ありました。

エアコンと空気清浄機?暖房器具?が目隠しされてる辺りが好印象ですわ。
ソファーの後ろは一段下がったスキップフロアになってるんだけど意外とこれが高低差があって、降りる時も登る時もちょっと身構えました。
もう一段台があった方が安全なんじゃないかしら?
尚文の離れ 露天風呂付き客室の1人がけソファ
タイル貼りの土間的な床に1人がけのソファー&オットマン。
ここで本を読んだりスマホをいじったり。お風呂上がりにボケラ〜っとするのに丁度いい空間でしたわ。
尚文の離れ 露天風呂付き客室のお部屋
土間から眺めたリビング。

右側にベッドが見えてますネ。

尚文の離れ 露天風呂付き客室のベッド
寝室は独立した造りになってて、こちらにはテレビがございません。

ベッドに寝っ転がってテレビが見れない。見なくてもいいけどw。

コンセントは豊富にあったのでスマホやカメラのバッテリー充電はバッチリ。
尚文の作務衣やカゴバックなど
押入れの様なクローゼットに作務衣やバスタオル。館内に持ち歩けるカゴバッグもありました。
そして虫対策グッズが…。
お部屋の入り口にも虫コナーズが掛かってたし。自然の中のお宿は虫問題が課題?(汗)
とはいえ、アタシが泊まった9月下旬は特に虫に困ったことはなかったですよ。
尚文の離れ 露天風呂付き客室の窓からの眺め
外の眺めはこんな感じ。
きっちり整備されたお庭という感じではないけれど緑が見えると気持ち良いです!
ちなみに今回の宿泊料は

一休から予約した大人1名27,000円の平日プラン

一休のポイントと
割引きクーポン利用で

1名24,950円でした♪

なんだかんだで一番利用してる一休

一休.com

Yahoo!プレミアム会員だとYahoo!トラベル経由で一休予約した方がポイントが多い時もあるんで。常に比較しながら予約してます
できればよりお安く泊まりたいもんね?
次回はお部屋のお風呂篇です!
[あわせてどうぞ]

蛍雪の宿 尚文|宿泊レポ|エントランスやらパブリックスペースやら

蛍雪の宿 尚文|宿泊レポ|東京から水上駅のアクセス&上越線は揺れる

水上:別邸仙寿庵」の温泉宿レポ記事一覧