蛍雪の宿 尚文さんの温泉宿レポ続きですー。

尚文の螢雪の湯
今回は貸切風呂について。
尚文さんには全部で3つの貸切風呂があって、
母屋に2つの「岩の湯」と、離れに「蛍雪の湯」どれも3人ぐらいが入れる大きさでした。
尚文の貸切風呂予約表
蛍雪の湯は完全予約制。
岩の湯の2つは18:30まで男湯と女湯に別れ誰でも自由に入れるんだけど。
21:00からは予約制となり、さらに23:30からはどのお風呂も空いてれば自由に入れるシステム。
お土産売り場の近くに予約ボードが置いてあって、予約したい時間の木札と客室名の書いてある木札を差し替えます。
ちょっと複雑?と思ったけどすぐ慣れましたw。
尚文男湯と女湯の入り口
では早速!
岩の湯手前の女湯へー
わ!暗い!(汗)
ちょっと焦ったわ。
電気を付けて事なきを得ましたが、こちらは窓にスダレが掛かってて外はあまり見えなかったな。
暗いうえに湿度でレンズが曇って上手く写真が撮れず…ボケボケですみません。
幸いなことに貸切状態だったけど、この大きさだと他のゲスト3人ブッキングしたら厳しそうな気がしないでもない。
尚文の貸切風呂の脱衣所
湯脱衣所と洗面所。

お風呂場のサイズの割には広々としてました。

あ、タオルの用意はありませんのでお部屋から持って行ってね
アメニティはお部屋とほぼ一緒だったけど、熊脂が置いてあったのが印象的でした。
で、寝る前に入りに行ったもう1つの岩の湯の写真がこちら。
尚文の岩の湯
こちらはスダレが無い分、外の緑がちゃんと見えましたー。
洗い場は暗い方より少しだけ狭かったかな?
夜は少し薄暗いイメージでしたが
尚文の岩の湯 朝の風景
朝はいいね〜♪
外の緑が清々しいです!
蛍雪の湯の入り口
で、残りのもう1つ「蛍雪の湯」は新しくできた離れにありまして。
尚文の螢雪の湯
窓が大きくて一番明るかったです。
岩の湯とは雰囲気の違うタイルと石造りの湯船。
尚文の螢雪の湯の湯船
3人ぐらいかな?4人イケるかな?
尚文の螢雪の湯 窓からの眺め
窓の外には遠くの山も眺められます。
朝風呂はここがいいなー♪って思ってたんだけど、何度トライしても「入浴中」でした…やはり一番人気なのか?
全くピントが合ってませんが。
シャワーと洗い場は1つ。
尚文の螢雪の湯
窓は開けられるし、ちょっとしたテラスには椅子も。
尚文の螢雪の湯の洗面所
脱衣所は岩の湯よりもこじんまりしてましたが、完全貸切のお風呂なんで充分ですネ。
とまぁ全部で3つのお風呂を全部堪能してきたわけだけど、
お湯がとにかく気持ち良くて。
肌当たりがやわらく、
湯加減も丁度良く。
のんび〜りゆっくり入ってられる優しいお湯でした。
無色透明のアルカリ性単純泉だそうですよ。
[あわせてどうぞ]

蛍雪の宿 尚文|宿泊レポ|離れ 露天風呂付き客室のお風呂は天然温泉

蛍雪の宿 尚文|宿泊レポ|離れ 露天風呂付き客室のお部屋「かいどう」

水上:別邸仙寿庵 宿レポの記事一覧