カツオのタタキと青椒肉絲

脂質制限中のTSUNです。

こんにちは!

油の多い料理の代表選手、中華料理。
お家で工夫して作れば餃子や焼売、ラーメンもチャーハンもイケるけど、お店のコッテコテ中華料理はどう考えても1食10gオーバー。
例えばオリジンが展開する「れんげ食堂TOSHU」のサイトで調べてみたら、
回鍋肉1人前の脂質58.9g!

ギャー。

健康な人でも1食で58.9gは摂りすぎちゃう?
じゃあ、お家中華の素で真っ先に浮かぶクックドゥはどうかと言えば
回鍋肉ソースの脂質は4.1g

青椒肉絲ソースの脂質1.4g

あれ?意外とイケる

→このパターンデジャヴ!

お家で作れば食べれます♪

脂質ゼロな中華料理の素



クックドゥも食材に気をつければ低脂質を実現できるんだけど、

フラッと寄った「ナチュラルハウス」で
更に低脂質な中華料理の素を見つけました。
HIKARIの回鍋肉と青椒肉絲ソースパッケージ
ヒカリ食品さんの有機回鍋肉の素と、青椒肉絲の素は
なんと脂質ゼロ!
ブゥ〜ラァ〜ボゥゥゥゥ!

ヒューヒューどんどんどん!

光食品さんはオーガニック原料や無添加にこだわった食品づくりをされてるそうで。

余計なものが少ないのも嬉しいポイント!

嬉々としてカゴへ入れ早速食卓へ♪

まずは青椒肉絲
輸入牛もも肉とピーマンで作りました。

輸入牛の方が国産牛より総じて脂質が低いんですよね。

輸入牛モモ肉:100gで脂質9.6g

輸入牛モモ赤肉:100gで脂質4.6g

モモ肉とモモ赤肉では脂質が倍ぐらい違うんだけど、スーパーで売ってるのはどっちなのかしらー?一応、脂身は取り除いたから赤肉扱いで良いんだろうか?ムムム。
まぁどちらにしても外食よりは超低脂質♪
優しいまろやかなお味でしたよ。

添加物が少ないのもナイス。

あとは脂質が低いお魚代表、カツオのタタキ
100gで脂質0.36g

ほぼ無いに等しい。

それにご飯とお味噌汁とパックからスライドしただけの豆腐(なんか乗せたら?)な献立でした。
カツオのタタキと青椒肉絲
そしてまたある日は回鍋肉
低脂質な回鍋肉
豚モモ肉とキャベツとピーマンと長ネギで。
豚モモ肉は100gで10.2g

豚モモ赤肉は100gで3.6g

また出た!赤肉問題
→未解決→だれか解決して〜
牛も豚もモモ肉はかためなんで、よ〜く叩いて柔らかくしてます。

酒でもんだり、砂糖でもんだり、片栗粉をまぶしても柔らかくできますネ。

副菜はレンチン茄子

皮をむいてラップに包んでレンジで3分チンしただけ。麺つゆかお醤油でどうぞ。

野菜スープ
汁物は味噌汁と見せかけた(誰に向けて?)野菜スープ。
またある日は〜
青椒肉絲の素でキャベツも入れちゃったバージョン。
正直、食材はなんでも良くて。
より低脂質を狙うならササミや胸肉にしても良いと思うし、野菜ももやし・ナス・にんじん辺りでも無問題。要は野菜炒めにしてイケる野菜ならなんだってイケる。
だってソースが美味しいから。
水っぽくならない様にだけ注意→失敗済み(汗)
この日は脂質の多いお魚代表サバにトライ。

写真撮ったあと半分カットしました。

ノルウェーサバは脂が多いんだよねぇ。

脂質の低いごま鯖はなかなかスーパーに売ってなくてねぇ。

と、大好物のトウモロコシ♪

今年もいっぱい食べました!

ってことで。脂質制限されてる方がいらしたら、光食品の中華の素おすすめです!

ご参考までに〜。

[あわせてどうぞ]

[低脂質レシピ]脂質1食10g以内なうえ低カロリーなカレーライス

[低脂質レシピ]1食の脂質10g以内のクリームシチュー。満足できるほど濃厚です♪

[低脂質レシピ]冷やし中華は余裕で脂質10g以内でした