箱根小涌園 天悠さんの温泉宿レポ続き〜。

前回までのレポはこちら。
朝起きて大浴場の露天風呂で朝風呂を満喫したあとは、宿の楽しみのひとつ。
朝食です♪
夕食と同じダイニングへ。
入り口から客席へ続く廊下は大きな窓から朝の光が燦々と。お天気の良い日は特に気持ち良いですね〜♪
天悠のダイニング内装
夕食は時間指定があったけど、
朝食は営業時間内であればいつでもOK
なフリースタイル。お席も夕食とは違ったテーブルへの案内でした。
天悠の朝食メニュー
こちらが朝ごはんのメニューです。
和食か洋食か迷う。
どちらにするか前日に尋ねられることが多いと思うんだけど、天悠さんは席に着いてからのオーダー良いとのこと。へー。
洋食メニューは
オレンジジュース/スーパーフードの入った3種の自家製飲むサラダ(スムージー的な?)/シリアルと牛乳/温かいトマトスープ/プレーンオムレツ/ベビーリーフサラダ/ハムとベーコン/パン類/フルーツ/コーヒー
クロワッサンやデニッシュ、竹炭トースト、抹茶トースト、グリッシーニ、フォカッチャと盛りだくさんなパン類が魅力的ではありましたが。
ジュースにスムージー3種にスープにコーヒー…
なんだか飲み物が多くてタポタポになりそうだなと思って。
ウチらは夫婦揃って
和食にしました。
なので洋食の写真が無いんだけど。
スムージーは一口サイズで専用のスタンドで提供されたり、盛り付けに工夫が見られ、なんだか見た目がキラッキラしてましたわ。
天悠の和朝食
和食の全貌です。
まずオレンジジュースが出てきたあと、
アジの干物
野菜サラダと胡麻ドレ
卓上ミニ鍋は湯豆腐
卵焼き
ご飯と味噌汁
果物のヨーグルトがけ
ご飯は白米かお粥が選べましたよ。
※写真は卵焼きを変更してもらったバージョン。かぼちゃの煮物でした。
天悠の和朝食
ご飯のお供には
蒲鉾、わさび漬け、海苔の佃煮、お浸し、シラスおろし、辛子明太子、牛肉のしぐれ煮、梅干し、漬物。
良くも悪くも
めちゃスタンダード
な品揃え。
うーん。そうねぇ。
フツーに美味しく頂きましたが、無難過ぎて特記することが無いのが少し残念かな。
でも逆にこれと言って不満もなく。
お値段からしたら十分!

→宿泊料の話はこちらに。

天悠のダイニング入り口
とにかくこの廊下は気持ち良かったw。
天悠 客室からの眺め
お部屋に戻って、午前中の露天風呂も堪能してチェックアウト。
車の方々は荷物を車まで運ぶ関係でお見送りしてる様子も見かけたけれど、歩きのウチらは手厚いお見送りなど無く至ってクール。
旅館では見えなくなるまでお辞儀をしてくれる宿もありますが、天悠さんはやっぱり大型ってこともあってか日本旅館というよりはホテルみたいな感じかな。
とはいえ、
接客で嫌な事もなかったし、
インフィニティバスは良かったし
シンプルだけど設備も整ってるし
なかなか良かったです!
次はちょっとした箱根観光と帰りのロマンスカーについて書きます〜。
[合わせてどうぞ]